レノン、精神的疾患から復帰「たくさんのサポートに感謝している」

レノン、精神的疾患から復帰「たくさんのサポートに感謝している」

トレーニングに復帰を果たした(左)レノン [写真]=Getty Images

 エヴァートンに所属する元イングランド代表MFアーロン・レノンは、精神的な疾患から復帰できたことを感謝しているようだ。10日付のイギリスメディア『BBC』が伝えている。

 レノンは、4月30日に混み合った道路で20分以上も立ち尽くしていたところを警察に保護され、そのまま精神病院に運ばれたことが明らかになっていた。エヴァートンは、同選手が「ストレス性疾患の治療中」であることを公表し、チームから離脱。しかし、7月3日トレーニングに復帰した様子が公開され、無事に復帰を果たしていた。

 復帰できたことにレノンは「困難な時期を乗り越えた後のキックオフは待ちきれないね。ここに来るまで驚くほどサポートがあった。それは誰もが得られるものではないと思う。僕は、エヴァートンとトッテナム、両チームのファン、さらにはフットボールのファンから信じられないほどのサポートがあった。最後に、エヴァートンのスタッフ、チームメイト、そして特に家族や僕の周りにいる人たちには感謝している」と感謝を述べた。

 レノンは、2015−16シーズンにトッテナムからエヴァートンに移籍。2月に行われたプレミアリーグ第25節ミドルスブラ戦で途中出場したのを最後に、試合に出場してはいなかった。

関連記事(外部サイト)