神戸、DF高橋の右もも肉離れを発表…復帰戦で再負傷、全治2カ月以上

神戸、DF高橋の右もも肉離れを発表…復帰戦で再負傷、全治2カ月以上

神戸が高橋の負傷離脱を発表した [写真]=JL/Getty Images for DAZN

 ヴィッセル神戸が11日、DF高橋峻希の負傷を発表した。

 発表によると、同選手は1日に行われた2017明治安田生命J1リーグ第17節川崎フロンターレ戦の試合中に負傷し、神戸市内の病院にて検査を行った結果、右ハムストリング肉離れと診断された。全治は受傷日より約10〜12週間の見込みだと同時に発表されている。

 同選手は5月24日にも負傷、右ハムストリング肉離れで全治約8週間と診断されており、川崎フロンターレ戦が復帰戦だった。

 高橋は今シーズンは開幕戦から負傷離脱まで12試合連続で先発フル出場していた。

 
 

関連記事(外部サイト)