バルサ、FWデウロフェウの復帰を正式発表「ホームに戻れて嬉しい」

バルサ、FWデウロフェウの復帰を正式発表「ホームに戻れて嬉しい」

2年ぶりのバルセロナ復帰が決まったデウロフェウ [写真]=Getty Images

 バルセロナは14日、スペイン代表FWジェラール・デウロフェウの正式加入をクラブ公式サイトで発表した。

 現在23歳のデウロフェウはバルセロナの下部組織出身で、2013年にトップチームへ昇格。だが、その後はエヴァートンやセビージャへのレンタル移籍が続き、2015年6月にエヴァートンへ完全移籍した。

 その際、バルセロナは契約に最初の2年間で買い戻しができる条項を加えており、期限ギリギリの6月30日にオプションを行使。2019年6月30日までの契約と発表していた。

 同選手は「ホームに戻れて嬉しいよ。いつもここでプレーしたいと思っていた。トップチームでポジションを獲得するのは簡単ではないが、強い気持ちで戻ってきた。いろいろな経験をし、僕は選手としても人としても大きく成長した。競争は激しいだろうが、毎日ハードワークを続けるつもりだ。タイトル獲得に貢献するため、最高の選手たちから学びたい」と意気込んだ。

 なお、2016−17シーズンは冬からミランにレンタル移籍し、セリエA17試合出場4ゴールの活躍を見せ、約3年ぶりのスペイン代表復帰も果たした。6月にはU−21欧州選手権でスペインのキャプテンとして4試合出場1ゴールを記録し、準優勝に貢献していた。

関連記事(外部サイト)