主力が退団のローマ、レスターのマフレズを29億円で狙うも断られる

主力が退団のローマ、レスターのマフレズを29億円で狙うも断られる

ローマが獲得を目指したマフレズ [写真]=Leicester City FC via Getty Images

 レスターはローマから提示されたアルジェリア代表MFリヤド・マフレズへのオファーを拒否した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が15日付で伝えている。

 今夏の移籍市場でローマはエジプト代表MFモハメド・サラーをリヴァプールへ放出。昨シーズンセリエAで31試合15ゴール13アシストをマークしたサラーを失ったローマは、来シーズンの新戦力としてマフレズ獲得を目指していた。今週の初めにローマは、レスター側へコンタクトを取っていたという。

 ローマのモンチスポーツディレクターがレスターの強化部門担当エドゥアルド・マシア氏とミーティング、モンチ氏は2000万ポンド(約29億円)のオファーを提示したが、交渉成立には至らなかった。

 一昨シーズンにレスターのプレミアリーグ制覇に貢献、同年のPFA年間最優秀選手にも選ばれたマフレズだが昨シーズンはパフォーマンスが低下。レスターの指揮官であるクレイグ・シェイクスピア監督は今月初めにアーセナルからオファーを受け取ったことを『スカイスポーツ』のニュースで証言。しかし、選手本人が残留を望んだため移籍は成立しなかった。

関連記事(外部サイト)