水戸の田中恵太、琉球へ期限付き移籍…2度目の加入「覚悟を持って」

水戸の田中恵太、琉球へ期限付き移籍…2度目の加入「覚悟を持って」

琉球への期限付き移籍が決まった水戸MF田中恵太 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

 水戸ホーリーホックのMF田中恵太が、FC琉球へ期限付き移籍で加入することが決まった。移籍期間は2018年1月31日まで。17日に両クラブが発表した。

 田中は1989年生まれの27歳。明治大学出身で、2012年にAC長野パルセイロへ加入した。2015年からは2シーズンに渡って琉球でプレー。今季から水戸に加入したが、明治安田生命J2リーグ第23節終了時点で4試合出場、天皇杯1試合出場にとどまっていた。

 期限付き移籍にあたり、田中は水戸に対して以下のようにメッセージを寄せている。

「水戸に来てから結果を出せずに、シーズンの途中にチームを離れることになり、非常に残念です。しかしチャンスをもらったところで、自分らしくがむしゃらに頑張って成長して戻ってきたいと思います。これからも引き続き応援よろしくお願いします」

 そして2度目の加入となる琉球には以下のようにメッセージを寄せている。

「再び琉球でプレーさせてもらうことになりました。このタイミングで(レンタルの)話を頂き、本当に感謝しています。J2昇格に向けて、覚悟を持って戦います。応援よろしくお願いします」

 琉球は今季、明治安田生命J3リーグ第16節を終えて6勝7分け3敗、勝ち点「25」で7位。次節は23日、長野とのアウェイゲームに臨む。

関連記事(外部サイト)