ウォーカー移籍のトッテナム、DFトリッピア―と22年まで契約延長

ウォーカー移籍のトッテナム、DFトリッピア―と22年まで契約延長

ウォーカーの移籍が決まり、さらなる活躍に期待がかかるDFトリッピアー [写真]=Getty Images

 トッテナムは18日、イングランド代表DFキーラン・トリッピアーとの契約を2022年まで延長したと発表した。

 トリッピアーは現在26歳。攻撃的な右サイドバックで、2015年夏からトッテナムでプレーしている。同クラブでは通算41試合に出場。昨シーズンはプレミアリーグで12試合(先発は6試合)出場を記録した。

 トッテナムの右サイドバックはイングランド代表DFカイル・ウォーカーが不動の地位を築いていたが、同選手はマンチェスター・Cへの移籍が決定。後釜としてトリッピアーの活躍に期待がかかる。

 契約延長にあたってトリッピアーは「新契約を結ぶことができて、すごく嬉しいよ。自分にとって大きな目標だったし、サインをすることができて喜んでいるんだ」とコメント。「ここに来てから、大きな進歩を遂げていると感じているんだ。チームメイトや監督に感謝したい。イングランド代表に入ったことも嬉しいし、多くのことを学んでいるよ」と、さらなる躍進を誓っていた。

 今年6月にはイングランド代表としてデビューも果たしたトリッピアー。新シーズン、トッテナムのレギュラーとして輝きを放つことはできるだろうか。

関連記事(外部サイト)