DFダニーロ争奪戦が勃発?…チェルシーに加えてマンCも獲得へ動く

DFダニーロ争奪戦が勃発?…チェルシーに加えてマンCも獲得へ動く

ダニーロにプレミア2クラブが熱視線? [写真]=NurPhoto via Getty Images

 レアル・マドリードのブラジル人DFダニーロにプレミアリーグの2クラブが興味を持っているようだ。スペイン紙『マルカ』が18日に伝えている。

 ダニーロについては右サイドの強化を狙うチェルシーが関心を寄せているとされているが、同紙によると、ダニーロ獲得レースにマンチェスター・Cも参加したようだ。同クラブはすでにイングランド代表DFカイル・ウォーカーを獲得し、退団が続いたサイドバックを補強したが、ダニーロをそのバックアップとして、さらには左サイドバックや中盤でも対応できるなどマルチロールとして興味を示しているという。

 リーガ・エスパニョーラでの出場が17試合にとどまったダニーロは来年に迫ったワールドカップ(W杯)出場のため、出場機会を求めて退団を考えているとされているが、ジネディーヌ・ジダン監督は同選手を戦力と数えているそうだ。しかしクラブとしてはダニーロ獲得に費やした3000万ユーロ(約39億円)以上の入札があれば移籍にゴーサインを出すつもりだという。

 現在26歳で、W杯のある来夏には27歳と選手としてピークを迎えるダニーロ。残留にしろ移籍にしろ、レギュラーを確約された状況にはなく厳しいポジション争いが待っていると予想される。前所属のポルト時代には攻撃的なスタイルから母国の先輩である元ブラジル代表DFマイコンと比較されるなど輝きを放ったダニーロだが、レアル・マドリードでは目立った活躍は見せられていない。15キャップを刻んだブラジル代表からも遠ざかっており、W杯へ向けて勝負のシーズンをどこで過ごすのか注目が集まる。

関連記事(外部サイト)