レスターがGKヤクポヴィッチを獲得…シュマイケルとの定位置争いに挑戦

レスターがGKヤクポヴィッチを獲得…シュマイケルとの定位置争いに挑戦

レスターがGKヤクポヴィッチを獲得した [写真]=Plumb Images/Leicester City FC via Getty Images

 日本代表FW岡崎慎司の所属するレスターは19日、ハルから元スイス代表GKエルディン・ヤクポヴィッチを獲得したと発表した。3年契約で、移籍金は非公開となっている。

 ヤクポヴィッチは現在32歳。昨シーズンはプレミアリーグで22試合に出場したが、ハルは2部降格の憂き目に遭ってしまった。

 レスターはドイツ代表GKロン・ロベルト・ツィーラーがシュトゥットガルトに移籍したため、デンマーク代表GKカスパー・シュマイケルの控えを任せられるGKの獲得が求められていた。ヤクポヴィッチは、新天地でシュマイケルとのポジション争いに挑むことになる。

 ヤクポヴィッチはクラブ公式HPにコメントを掲載。ポジション争いへの意気込みも示している。

「僕はとても幸せだし、移籍が完了して興奮しているよ。このクラブの特別な一員となることができてとても興奮しているし、最初の試合が待ち切れないね」

「カスパーはプレミアリーグで最高のGKの1人だから、最初から僕にとって難しいことは分かっていた。僕は戦うつもりだし、チームを押し上げるためにここにいる。健全な競争はいつも良いことだし、ポジティブなことだ。確かに、僕はここでチャンスを待つことになるだろう。でも僕はここで本当に興奮しているよ」

関連記事(外部サイト)