ピニージャが07年以来の古巣復帰…ジェノアとの契約解除で母国チリへ

ピニージャが07年以来の古巣復帰…ジェノアとの契約解除で母国チリへ

古巣復帰が決まったピニージャ [写真]=Getty Images

 ウニベルシダード・デ・チリ(チリ)が21日、チリ代表FWマウリシオ・ピニージャの獲得を発表した。

 2002年に同クラブでプロデビューしたピニージャは、これまでグロッセート(セリエB)やパレルモ、カリアリなどで活躍。今年1月にはアタランタからジェノアに買取り義務付きのレンタル移籍をしていたが、20日に双方合意のもとに契約を解除したことをジェノアが発表していた。

 2007年以来のウニベルシダード・デ・チリ復帰となるピニージャ。同クラブのクラブ公式ツイッターには、「素晴らしい帰還だ。おかえり!」と歓迎のメッセージが投稿されている。

関連記事(外部サイト)