セルビア代表DFコラロフがローマ移籍決定…過去には宿敵ラツィオに所属

セルビア代表DFコラロフがローマ移籍決定…過去には宿敵ラツィオに所属

ローマ移籍が決定したコラロフ [写真]=Getty Images

 ローマは23日、セルビア代表DFアレクサンダル・コラロフをマンチェスター・Cから獲得したことを発表した。移籍金は500万ユーロ(約6億5000万円)で、契約期間は3年。

 コラロフは公式サイトを通じ「ここに来ることができて信じられないくらい嬉しい。100パーセント以上のものをローマのために見せるつもりだ。目標は常に同じ、勝つことだ」とコメントした。

 スポーツディレクターのモンチ氏は「コラロフは広い経験を持つプレイヤーで、すぐにでもチームに貢献してくれるだろう。ピッチ上でもピッチ外でも彼がもたらすものは大きいと信じている。彼のここでプレーしたいという情熱に感謝したい」と語っている。

 コラロフは1985年生まれの31歳。セルビア国内で注目を集めると、2007−08シーズンに同じくローマに拠点を置くラツィオに移籍。10−11シーズンにはマンチェスター・Cに加入し7シーズンで250試合近くに出場し、2度のプレミアリーグ制覇に貢献した。セルビア代表としても68キャップを記録。本職の左サイドバックのほか、センターバックやサイドハーフでもプレー経験がある。

 なお、コラロフはすでにプレシーズンツアー中のチームに合流したと併せて発表されている。

関連記事(外部サイト)