パチューカ本田、デビューは3〜4週間後の見込み…監督「筋肉系の違和感」

本田圭佑がパチューカでメンバー外に 『筋肉系の違和感』でデビューは3〜4週間後に

記事まとめ

  • リーガMX開幕節のパチューカで本田はメンバー外となり、チームは黒星スタートとなった
  • 監督は本田欠場について「筋肉系の違和感を抱えていたので回復を優先させた」と語った
  • 「3〜4週間の離脱の見込み」とも監督は語り、本田デビューは8月12日か18日とみられる

パチューカ本田、デビューは3〜4週間後の見込み…監督「筋肉系の違和感」

パチューカ本田、デビューは3〜4週間後の見込み…監督「筋肉系の違和感」

開幕戦をスタジアムで観戦した本田圭佑 [写真]=LatinContent/Getty Images

 メキシコのパチューカに加入した日本代表MF本田圭佑は、新天地デビューまで3〜4週間かかるようだ。メキシコメディア『MedioTiempo』が23日に報じた。

 パチューカは同日に行われたリーガMX開幕節でクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルと対戦し、0−1で敗れて黒星スタートとなった。アウェイでの一戦だったが、メンバー外の本田はスタジアムでチームメイトの戦いを見守った。

 ディエゴ・アロンソ監督は試合後、本田の欠場について「筋肉系の違和感を抱えていたので回復を優先させ、高地への適応やチームにも慣れなければいけない」と説明し、「3〜4週間の離脱を強いられる見込みだ」と明かした。

 同メディアは、8月12日にホームで行われる第4節ティグレス戦、もしくは同18日にアウェイで行われる第5節モナルカス・モレリア戦でのデビューを見込んでいる。

関連記事(外部サイト)