熊本の24歳FW齋藤恵太、水戸へ完全移籍「成長できるように」

熊本の24歳FW齋藤恵太、水戸へ完全移籍「成長できるように」

水戸への完全移籍が決まった熊本FW齋藤恵太 [写真]=Getty Images for DAZN

 ロアッソ熊本のFW齋藤恵太が、水戸ホーリーホックへ完全移籍で加入することが決まった。23日に両クラブが発表した。

 齋藤は1993年生まれの24歳。仙台大学出身で、福島ユナイテッドFCを経て昨季から熊本でプレーしている。今季は明治安田生命J2リーグ第24節終了時点で12試合出場2ゴール、天皇杯で1試合出場を記録。キャリア通算では明治安田生命J2リーグで37試合出場4ゴールを記録している。

 完全移籍にあたり、齋藤は熊本に対して以下のようにメッセージを寄せている。

「水戸ホーリーホックに完全移籍をすることが決まりました。今の苦しい状況での移籍について、すごく考えました。しかし、サッカー選手として悔いの残らない、そして自分が成長できるようにと思い、決断しました。ロアッソ熊本での1年半で、たくさんのことを学びました。悔しい時期やケガに悩まされる時期もありましたが、スタッフ、チームメート、家族、サポーターの支えがあったおかげで頑張れました。ロアッソ熊本での1年半は、僕にとって宝物です。新天地でも頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。今までありがとうございました」

 そして加入する水戸には以下のようにコメントしている。なお、齋藤の水戸での背番号は「49」に決まった。

「ロアッソ熊本から加入することになりました齋藤恵太です。早くチームに貢献できるように頑張りますので、熱い声援をよろしくお願いします」

 水戸は明治安田生命J2リーグ第24節を終えて9勝9分け6敗、勝ち点「36」で11位。次節は29日、東京ヴェルディをホームに迎える。

関連記事(外部サイト)