ペドロ、複数の骨折が判明…チェルシー指揮官「予想よりも深刻」

アントニオ・コンテ監督がスペイン代表FWペドロの負傷について言及「予想より深刻」

記事まとめ

  • ペドロは22日、アーセナルFCとのプレシーズンマッチでGKダビド・オスピナと衝突
  • アントニオ・コンテ監督は「脳震盪だけだと思っていたが複数の骨折が判明」とコメント
  • 「マスクを着ければ10日ほどでトレーニングができるようになる」とも語った

ペドロ、複数の骨折が判明…チェルシー指揮官「予想よりも深刻」

ペドロ、複数の骨折が判明…チェルシー指揮官「予想よりも深刻」

アーセナル戦で負傷交代を余儀なくされたペドロ [写真]=Chelsea FC via Getty Images

 チェルシーのアントニオ・コンテ監督が、スペイン代表FWペドロの負傷状況について言及した。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 ペドロは22日に行われたアーセナルとのプレシーズンマッチで負傷した。同選手は検査入院を経て、脳震盪と顔面の傷が判明。クラブの公式HPの発表では「経過観察のため」、中国からイングランドへ戻ることが決まった。

 そして今回、コンテ監督がペドロの状況に言及。「彼の状況は私が考えていたよりも深刻だ。脳震盪だけだと思っていたが、複数の骨折が判明した。ただ、マスクを着ければ10日ほどでトレーニングをすることができるようになるだろう」と、同選手が骨折していることを明かしつつ、復帰への見通しを語っている。

 ペドロはアーセナル戦の29分、コロンビア代表GKダビド・オスピナと衝突して負傷。治療を受け、自分の足でピッチを出たものの、プレー続行は不可能と判断されて途中交代を余儀なくされていた。

関連記事(外部サイト)