チェルシー指揮官、バイエルン戦でのモラタ起用示唆「数分間は出て欲しい」

チェルシー指揮官、バイエルン戦でのモラタ起用示唆「数分間は出て欲しい」

コンテ監督が試合前会見に臨みました [写真]=Chelsea FC via Getty Images

 インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)バイエルン戦を25日に控えたチェルシーのアントニオ・コンテ監督が、試合前記者会見に臨んだ。チェルシーの公式HPがコメントを掲載している。

 注目されているスペイン代表FWアルバロ・モラタの起用について「数分間はプレーしてほしいと思っているが、スタメンはないだろう。まだ昨日合流したばかりだからね。モラタは若手だが経験十分な選手だ。レアル・マドリードとユヴェントスでプレーしてきた。チャンピオンズリーグ(CL)でもプレーし、昨シーズンは優勝までしている。プレミアリーグでもインパクトは残せると思う。ここはほかの国とは一味違うリーグだが、モラタなら大丈夫だろう」とコメント。期待の高さをうかがわせた。

 一方、アーセナル戦で負傷した同代表FWペドロに関しては「思ったよりひどかった。単なる脳震盪だけかと思っていたが、実際には骨折もあった」と言及。さらに「マスク付ではあるが、10日ほどで復帰できるだろう」とした。またペドロと接触したコロンビア代表GKダビド・オスピナを「選手だったからこそ分かる。ああいう衝突は起こりうるものだ。オスピナはボールに行っていた」と擁護した。

 そして残りのプレシーズンについて聞かれると「シンガポールでのプレーも楽しみだ。ここでもたくさんのファンの姿を見たいね。今はとにかくハードワークを重ねるのみ。CLも待っているから、選手もやる気に満ち溢れているよ」と今後の展望を簡単に言明した。

関連記事(外部サイト)