ウディネーゼがイタリア代表GKメレトと2022年まで契約延長

ウディネーゼがイタリア代表GKメレトと2022年まで契約延長

今年3月には自身初となるイタリア代表にも召集を受けた逸材GKのメレト [写真]=Getty Images

 ウディネーゼは25日、イタリア代表GKアレックス・メレトと新契約を結んだことを正式発表した。

 契約内容は、2022年6月30日までの契約延長となっている。年俸などの詳細は明かされていない。
 
 メレトは1997年3月22日生まれの20歳。昨シーズンはセリエBのSPALにレンタル移籍し、26試合に出場。守護神としてセリエA昇格に大きく貢献した。今シーズンはウディネーゼに復帰し、U−21イタリア代表GKシモーネ・スクフェットらと定位置を争う。

 U−16イタリア代表から各世代の代表を経験する逸材で、今年3月には、FIFA ワールドカップ2018 欧州予選のアルバニア戦に加え、オランダとの国際親善試合の2試合で初めてA代表に招集されている。

関連記事(外部サイト)