コンテ監督、移籍金の高騰に苦言を呈すも「トッテナムの野望に疑問」

コンテ監督、移籍金の高騰に苦言を呈すも「トッテナムの野望に疑問」

トッテナムの移籍市場での振る舞いに疑問を呈すコンテ監督 [写真]=Getty Images

 チェルシーの指揮官であるアントニオ・コンテ監督は、トッテナムがタイトル争いをするチームの中で最も期待値が低いと主張した。イギリスメディア『BBC』が26日に報じている。

 トッテナムは今夏の移籍市場で未だ新戦力を獲得できていない。その原因は移籍金の高騰だと会長であるダニエル・リーヴィー氏が批判している。そして、コンテ監督も移籍市場は「とても難しい」とリーヴィー氏の意見に同調した。

 しかし、昨シーズンにプレミアリーグを制覇したコンテ監督は「もしトッテナムがチャンピオンズリーグ(CL)にたどり着けなくても悲劇ではない。グループリーグで敗退しても悲劇ではないし、ヨーロッパリーグで敗けたとしても悲劇とはみなされない」とコメントした。

「おそらく、チェルシーやアーセナル、マンチェスター・C、マンチェスター・U、リヴァプールにそのようなことが起これば悲劇だ。これを理解しなければいけないし、チームのステータスも理解しなければいけない。全てのチームが野望を持っているんだ。もしCLで勝ちたかったら、多額の移籍金を支払って選手を獲得しないといけない。さもなければチームがレベルアップすることはない。とても簡単なことだ。だから私はトッテナムの野望が何なのか、と疑問に思っている」ともコメント。

「トッテナムは良いチームだ、もし選手を放出しなければね。(イングランド代表FWハリー・)ケインは世界でベストなストライカーだ。もし一人だけストライカーを買えるとしたら、私はケインを選ぶよ。彼はフィジカル的にも素晴らしく、ボールがある時でもない時でも最高だ。空中戦も得意だし、両足でボールが蹴れる」と述べ、「もしケインを獲得しようと思ったら、少なくても1億ポンドが必要だね」とコンテ監督は締めくくった。

関連記事(外部サイト)