ユーヴェがPSGとの打ち合い制す…イグアインで先制、マルキージオが2発/ICC

ユーヴェがPSGとの打ち合い制す…イグアインで先制、マルキージオが2発/ICC

ユヴェントスがパリ・サンジェルマンとの打ち合いを制した [写真]=Getty Images

 インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017のアメリカラウンドが26日に行われ、パリ・サンジェルマンとユヴェントスが対戦した。

 パリ・サンジェルマンはイタリア代表MFマルコ・ヴェラッティやアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニらが先発入り。一方のユヴェントスはイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ、同FWゴンサロ・イグアインらが起用された。

 先制したのはユヴェントス。45分、ディバラとのワンツーでディフェンスラインの裏に抜け出したイグアインがGKと一対一の局面を迎えると、右足のチップキックでシュートを流し込んだ。

 互いに多くのメンバーを入れ替えて臨んだ後半は、早い時間にスコアが動く。53分、パリ・サンジェルマンはペナルティエリア左で受けたディ・マリアがGKの手前まで運び、ゴール前へラストパス。これをゴンサロ・グエデスが押し込んだ。

 追い付かれたユヴェントスは62分、相手の不用意なバックパスを奪ったモイズ・ケーンがDFを引きつけて中央へパス。エリア手前に走り込んだクラウディオ・マルキージオが左足の強烈なシュートを叩き込んで、再びリードを得た。

 終盤に差し掛かった80分、パリ・サンジェルマンは左からのクロスをハビエル・パストーレが頭で押し込んで同点としたが、終了間際の89分にはユヴェントスがPKを獲得。これをマルキージオが冷静にゴール中央へ沈め、土壇場で勝ち越しに成功した。

 結局試合はこのままタイムアップを迎え、ユヴェントスが3−2でパリ・サンジェルマンを下した。パリ・サンジェルマンは29日にフランス・スーパーカップでモナコと対戦。ユヴェントスは30日にICCでローマと対戦する。

【スコア】
パリ・サンジェルマン 2−3 ユヴェントス

【得点者】
0−1 45分 ゴンサロ・イグアイン(ユヴェントス)
1−1 53分 ゴンサロ・グエデス(PSG)
1−2 62分 クラウディオ・マルキージオ(ユヴェントス)
2−2 80分 ハビエル・パストーレ(PSG)
2−3 89分 クラウディオ・マルキージオ(PK)(ユヴェントス)

関連記事(外部サイト)