レアル・マドリード主将S・ラモス、ムバペに「ドアは開かれている」

レアル・マドリード主将S・ラモス、ムバペに「ドアは開かれている」

レアル・マドリードの頼れるキャプテン、セルヒオ・ラモス [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、フランス代表FWキリアン・ムバペについて言及した。イギリス紙『デイリーメール』が29日伝えた。

 レアル・マドリードへの移籍が基本合意に達したという報道もあり、今夏の移籍市場における去就に注目が集まっている18歳のムバペ。レアル・マドリードのキャプテン、S・ラモスがマイアミで行われるバルセロナとのプレシーズンマッチに先立って、同選手についてコメントした。

 S・ラモスはまず「彼が加入するかどうかは僕がする決断ではないが、ムバペは本当に素晴らしい才能を持っている。彼のような若い選手はいないよ」と称賛の言葉を送った

 そして「目の前には新しい大事なシーズンが迫っているし、僕たちは既に素晴らしい選手が揃っている。しかし、お金はサッカーを動かし、人々が望むものに対し支払うことができる。彼がレアル・マドリードに来たいと思うならば、ドアは開かれているよ」と語り、レアル・マドリードは既に受け入れ体制ができていることを示唆した。

 18歳のムバペは昨シーズンは公式戦で44試合に出場し、26ゴール14アシストを記録している。キャプテンとして2度目のチャンピオンズリーグ(CL)制覇を達成しレアル・マドリード史上4人目の快挙を成し遂げた「伝説のキャプテン」セルヒオ・ラモス。今シーズンもCLを制覇し3連覇を達成できるメンバーが欲しいところだろう。

関連記事(外部サイト)