移籍報道から一転…指揮官がペリシッチ残留を明言「この件は終わり」

移籍報道から一転…指揮官がペリシッチ残留を明言「この件は終わり」

マンチェスター・Uへの移籍が報じられていたペリシッチ [写真]=Getty Images for ICC

 インテルを率いるルチアーノ・スパレッティ監督が、クロアチア代表FWイヴァン・ペリシッチの残留を明言した。29日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 ペリシッチを巡っては、マンチェスター・Uが今夏の獲得に迫っており、インテル退団が有力視されていた。スパレッティ監督も「彼がチームに残ってくれることを望むが、良いオファーが届いた場合には検討するつもりだ」と語り、移籍を容認する姿勢を見せている。

 しかし、今回の報道によると、ペリシッチはインテルに残留する可能性が高いという。スパレッティ監督は他クラブと具体的な話に至っていないとし、同選手に関する移籍騒動の終焉を明言した。

「今のところ、重要な接触は何もない。ペリシッチへの関心は報道のとおりだが、そこから話は進んでいないんだ。おそらく、この件は終わりだ。時間が経つにつれて代役の確保が難しくなるからね。もしオファーが届いても、私は放出に反対するよ」

 ペリシッチはチームの中国ツアーとシンガポールツアーに参加し、好パフォーマンスを披露している。代役確保が困難なことから残留の可能性が高まった同選手だが、それでも退団を決意することはあるのだろうか。同選手の動向に注目が集まっている。

関連記事(外部サイト)