3バックで臨んだFC東京、ウタカ弾で追いつきドロー…新潟は連敗を6でストップ

3バックで臨んだFC東京、ウタカ弾で追いつきドロー…新潟は連敗を6でストップ

ウタカの得点で同点に追いついた [写真]=JL/Getty Images for DAZN

 2017明治安田生命J1リーグ第19節が30日に行われ、FC東京とアルビレックス新潟が対戦した。

 主将の森重真人、新加入のチャン・ヒョンスとDFラインに負傷者を抱えるFC東京は、26日に行なわれた2017JリーグYBCルヴァンカップのサンフレッチェ広島戦同様に3バックシステムを採用。対する新潟は名古屋グランパスから加入した大武峻、磯村亮太がスタメンに名を連ねている。

 12分、新潟はセットプレーのチャンスを得ると、ホニのキックにチアゴ・ガリャルドがダイビングヘッドで合わせる。前半は新潟が1点のリードで折り返す。

 後半に入り66分、米本拓司からパスを受けたピーター・ウタカが個人技でゴール前に侵入すると、カットインから右足でシュートを放つ。このシュートが決まり、FC東京が同点とする。

 試合は1−1で終了。FC東京はリーグ戦5試合勝利なし。一方の新潟はリーグ戦の連敗を6で止めた。

 次節、FC東京はアウェイで川崎フロンターレと、新潟はホームで横浜F・マリノスと対戦する。

【スコア】
FC東京 1−1 アルビレックス新潟

【得点者】
0−1 12分 チアゴ・ガリャルド(新潟)
1−1 66分 ピーター・ウタカ(FC東京)

関連記事(外部サイト)