マンU指揮官がフェライニの放出を否定「私を手にする方が簡単だろう」

マンU指揮官がフェライニの放出を否定「私を手にする方が簡単だろう」

マンU退団が囁かれるフェライニ [写真]=Man Utd via Getty Images)

 マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督が、ベルギー代表MFマルアン・フェライニの退団を否定している。イギリスメディア『スカイスポーツ』が30日付で伝えた。

 フェライニは、同クラブとの契約をあと1年残しているが、チェルシーからセルビア代表MFネマニャ・マティッチの加入が濃厚と報じられており、そのポジションは安泰ではない。ガラタサライがフェライニの獲得に乗り出しているとも伝えられているが、モウリーニョ監督は同選手を手放すつもりはないようだ。

 同メディアによると、モウリーニョ監督は、3−0で勝利したヴァレレンガ(ノルウェー)とのプレシーズンマッチ終了後にこの件について言及。同監督は「ガラタサライからすれば、私を手にする方がマルアンを獲得するより簡単だろう」と冗談交じりにコメントし、フェライニの移籍を認めない意向を示した。さらに「彼は私にとって重要すぎる」と続け、同選手への信頼を口にしている。

 ヴァレレンガ戦では先制点を決めるなど結果を残しているフェライニだけに、指揮官としても手元に残しておきたい模様だ。

関連記事(外部サイト)