3人目補強は“教え子”マティッチ…モウリーニョ「彼はモウリーニョの選手」

3人目補強は“教え子”マティッチ…モウリーニョ「彼はモウリーニョの選手」

マンチェスター・Uに加入したマティッチ [写真]=Man Utd via Getty Images

 マンチェスター・Uは7月31日、チェルシーからセルビア代表MFネマニャ・マティッチの獲得を発表した。

 8月1日に29歳となるマティッチは3年契約(1年の契約オプション付き)を締結。背番号は31番に決まっている。

 ジョゼ・モウリーニョ監督は、「ネマニャはマンチェスター・Uの選手であり、ジョゼ・モウリーニョの選手でもある。彼は、我々がフットボール選手に求める忠誠心、安定感、野心、チームプレーヤーという全ての要素を体現している選手だ」とコメント。

「我々のチームに加わることを希望してくれた彼に感謝したい。そうでなければ、彼を獲得するのは不可能だった」と明かし、「チームの選手たち、サポーターも間違いなく彼を気に入るだろう。新たな31番を心から歓迎したい」と期待を寄せた。

 モウリーニョ監督と再タッグを組むこととなったマティッチは、「マンチェスター・Uに加入できて嬉しい。再びジョゼ・モウリーニョ監督と仕事をする機会を拒否するわけにいかなかった」と移籍理由を説明。「チェルシーでのキャリアを満喫できた。クラブとファンには、これまでのサポートに感謝したい」と古巣に感謝の言葉を送った。

 そして、「新たなチームメートに会い、一緒に練習するのが待ちきれない」と話し、「クラブにとってエキサイティングな時期だし、この偉大なクラブの歴史を作る役割を担えることを楽しみにしている」と意気込んだ。

関連記事(外部サイト)