【Jリーグと私】鈴井貴之(俳優)〜地元・北海道とサッカーへのあふれる愛〜

【Jリーグと私】鈴井貴之(俳優)〜地元・北海道とサッカーへのあふれる愛〜

[写真]=波多野匠

 25年目のシーズンを迎えたJリーグ。今季はスカパー!を中心としたテレビ視聴からDAZN(ダ・ゾーン)が展開するネット配信視聴へと移行し、リーグ戦も1シーズン制が復活するなど、大きな変化があるワールドカップ前年のシーズンを戦っている。

『サッカーキング』ではJリーグ、各クラブを愛すると公言する人たちに、その魅力や観戦術などを聞く不定期連載をスタート。改めてJリーグの魅力について聞いていく。

 第2回は北海道を中心に活動し、自身が企画を担当した番組『水曜どうでしょう』では“ミスター”の愛称で親しまれた鈴井貴之さん。同番組内でも度々サッカーのユニフォームやジャージを着用するなど、サッカー好きと知られ、北海道コンサドーレ札幌の熱心なサポーターでもあるということで、自身が作・演出を手掛けるプロジェクト『OOPARTS』の舞台『天国への階段』全国ツアーの合間にうかがい、サッカーの魅力について聞いた。

インタビュー=小松春生
写真=波多野匠

■サッカーの魅力は“不自由さ”

―――最初に、鈴井さんとサッカーの出会いからおうかがいします。サッカーは子どもの頃にプレーされていたとのことで。

鈴井貴之(以下、鈴井) やっていたと言っても、そんなに本格的ではないですよ。小学生から始めて、高校1年生の途中くらいまでやっていました。

―――始められたきっかけは何でしょう?

鈴井 僕もはっきりとは、わからないですけど、小学2年生の時、近所に住んでいる大学生にずっと教えてもらっていたみたいで。北海道のド田舎で暮らしていたので、当時はチームも無かったですからね。僕の年齢(現在55歳)だと、子どもの頃はサッカーがメジャーな競技でもありませんでした。『キャプテン翼』(1981年連載開始)も登場する前ですから、“ボールは友達”ではなかったんですよ(笑)。

 どちらかというと『飛び出せ!青春』(1972年放映開始)というドラマがあって、不良が集まるサッカー部の話だったんです。だから“サッカー部=不良”で、中学生の頃なんかサッカー部は全員不良。入部したての時はもちろん真剣にやりたかったんですけど、3年生が全員不良で、1年生はただひたすら走らされる。しごかれるだけのサッカー部で、1人抜け2人抜け…という感じでした。田舎だったということで、当時しっかりとした指導者がいないような環境でしたから。自分自身がちゃんとプレーをしていたと言える経歴や経験はないです。そもそも、どうしてサッカーに興味を持ったのかは謎ですね。

―――やっているうちに楽しさに気づいていった、というところでしょうか。

鈴井 そうですね。あとは、僕が6歳の時に1968年のメキシコ・オリンピックが開催されて、釜本(邦茂)選手の活躍もあって日本が銅メダルを取り、サッカーが一気に脚光を浴びた瞬間がありました。それは幼心に感じたのかもしれません。

―――子どもながらに感じていたサッカーの魅力は何だったのでしょうか?

鈴井 “不自由”であるということですね。「なんで手を使ってはダメなんだろう」と。生活の中では手を使うことがメインですが、そのメインを使ってはいけないという理不尽さはなんだろうとすごく興味が湧きました。そもそも小さい頃から天邪鬼な性格だったものですから。「手を使ったらファール?」、「反則なの?」ということは、まず面白みとして感じました。

■シャレでフットサル場を作った

―――プレーヤー時代はどんな選手でしたか?

鈴井 ウィングでしたね。右サイドで攻撃的な感じでした。たくさん走っていましたよ。

―――一方で、高校1年生で辞めてしまわれた。

鈴井 DFに回されたからですね(笑)。1年生はまずDFからと言われ、それが嫌で少し腐っていたんです。そうしたら友達から「バレー部においで」って言われて、そのままコンバートしました(笑)。

―――でもサッカー好きなことは変わらず、ずっと見てこられたんですね。

鈴井 見てもいましたし、プレーも定期的にしていました。1998年のフランス・ワールドカップの時は、当時僕がやっていたラジオで呼びかけ、リスナーとチームを作ったんです。札幌のライラックリーグというところで5、6年やったりしました。今年も北海道のシニアリーグのチームに誘われて入って、春先に1回やったんですけど、「もうポンコツだな」って自分にガッカリしましたね(笑)。

―――現在はどのくらいの頻度でボールを蹴っているんですか?

鈴井 全然しないですよ。年に1回あるかないかくらいです。ただ、僕は札幌から1時間くらいの赤平という生まれ故郷の森の中で生活しているので、シャレでフットサル場を作ったんです。そこで年に何回か知り合いと遊びでやることはありますね。去年6月には、コンサドーレの都倉(賢)くんと石井(謙伍)くんが来てくれて、遊びました。そこに地元の中学生も呼んだんです。

―――地元への貢献という面でも活用されているんですね。

鈴井 赤平市の中学校にはサッカー部がないんです。近隣の市町村4つ、5つくらいで共同のチームを作っているような状態で。だから、真剣にサッカーをやりたい子でも「今日はここの中学校で、今度はここで」と転々するので、週に3日か4日くらいしか練習できない環境なんです。そこで、そういう子どもたちにもキッカケと言いますか、現役のプロ選手と遊びですけど、一緒にボールを蹴れる体験をさせてあげたいなと思って。ちょうどタイミングが合って、本当にプライベートで来てくれて一緒に遊んだりしましたね。

―――そういった交流の場を、規模を大きくしていこうという考えはお持ちですか?

鈴井 いや、さすがにそこまでは責任を負えないので。そういうことができれば面白いな、とは思いますけどね。

■同じ空気を感じて生きている人たちが頑張っている。必然的に応援したい

―――では、ここからはお話にも出てきましたので、北海道コンサドーレ札幌についてお聞きします。札幌はJリーグスタート後の1996年に東芝サッカー部を前身として設立され、1998年からJリーグ正会員となりました。まず、地元にJリーグのチームが設立されたときのお気持ちはいかがでしたか?

鈴井 やっぱり嬉しかったですよ。サッカーそのものが好きで、地元にプロサッカーチームができたんですから。当時は、北海道日本ハムファイターズもなかったので(注:2004年に東京から北海道へ移転)。プロのスポーツチームが北海道にできることは純粋に嬉しいです。未知数ではありましたから、「どうなっていくんだろう」という気持ちも持ち合わせていました。その後、ここまでは上と下を行ったり来たりの人生ですね(笑)。

―――J1で上位争いをすることが多くないクラブをなぜ応援するんだろう、という見方をする方もいますね。

鈴井 “強いチーム=贔屓”ということではなく、地元で一緒に、肌で同じ空気を感じながら生きている人たちが頑張っているチームですから。自分たちの地元、というだけで必然的に強い、弱いとか、メジャー、マイナーだとか関係なく応援したいですよね。我々オフィスキューでも今日、大泉洋だとか安田顕だとかがメジャーなお仕事をさせていただいていますけど、当初は全国的には全く知られていなかった。今があるのは、地元の方たちが応援してくださったからこそです。それと同じような形で地元に対してはすごく応援したい気持ちがありますよね。

―――スタジアムに足を運ぶペースはいかがですか?

鈴井 年によって違うんですが、今年はホームとアウェー合わせて8回くらいは行っていますね(注:第18節終了時)。ベガルタ仙台とのアウェーでの開幕戦も行きました。最近は東京で仕事をしていたので、この前も柏レイソル(第16節)と大宮アルディージャ(第18節)のアウェーも観に行きました。

―――ちなみに観戦される際は、スタジアムのどこでご覧になりますか?

鈴井 ゴール裏には入らないですね。メインスタンドの方で落ち着いて見たい(笑)。立ったりコールしたりというよりは、じっと見ているというタイプです。あとは、じっくり見たいというのと、うるさいのが嫌いで(笑)。「お前は解説者か!」っていう人いるじゃないですか。「もっと仕掛けろ」とか言っちゃうけど、「そういうの、いらないんだって!」っていう(笑)。基本的なことを言わなくても、選手はわかっていると思うタイプなので。戦術的なことを言っていたら「お前は監督か」ってツッコミたくなっちゃいますし。落ち着いてビールでも飲みながら観て、興奮するところは一緒に立ち上がったりしたいんですよね。

■フランスW杯は現地観戦のつもりがチケット発券問題の被害者に…

―――『水曜どうでしょう』の「ジャングル・リベンジ」の回では、日本代表戦でかなり興奮されている様子が映し出されていましたね(笑)。今も代表戦は現地で観られますか?

鈴井 最近の日本代表戦はそんなに、ですね。札幌ドームでやった時は行きましたけど、埼玉スタジアムは1回しか行ったことがないです。あと、フランスW杯とドイツW杯は現地へ行きましたけど、フランスW杯の時、見事にダブルブッキング事件(※)の犠牲者になりました(笑)。試合があるトゥールーズへ向かう前に近くのバルセロナで数日過ごしていたんです。そうしたらそこで「どうやらこのチケットでは観戦できない」という話になって。急遽、トゥールーズに向かわず、パリのホテルにチェックインして、部屋の小さいテレビでフランス語の実況を聞きながら見るという。だったら自分の家のテレビのほうがデカい(笑)。フランスW杯はそういう思い出です。「何しに行ったんだ?」って(笑)。

※:W杯大会直前でもチケットが届かない事態が発生。偽チケットや横流しなどが発覚し、フランスの大会組織委員会が発券を止める結果となったが、チケット販売を委託されたISL社による空売りなどが主な原因と見られる。この結果、日本のサポーターはツアーが中止になったり、現地でスタジアムに入れなかった。

―――鈴井さんなりのスタジアムでの観戦術やJリーグの楽しみ方はありますか?

鈴井 僕はボールを持っている選手だけではなく、他の選手がどういう動きをしていて、どういうスペースに動いているかという連携がうまくなされているかどうかを見るのが楽しく感じます。メインスタンドやバックスタンドで観戦すると話しましたが、理由の一つに横位置でフィールドの全体像が見られるということもあります。

 あとは判定の微妙さも面白いと思います。日本人はハッキリと判断基準を作りたい傾向があります。でも、例えばジャッジの傾きを感じるようなシーンがあるかもしれない。「それってどうなの?」というのが日本人的な尺度ですけど、「そういうことって、世の中にもあるじゃん」という面白みですよね。今はビデオ判定について意見が交わされていますけど、個人的には、無くてもいいと思います。あの曖昧さ、微妙な加減が実はサッカーで。

 野球は武士道に通じるものがあると思います。基本はピッチャーとバッターの一対一での対決で、「やあやあ我こそは」という状況が日本的なんですよね。だから野球は受け入れやすいと思いますけど、サッカーはそういう日本人の気質にはちょっと合ってない。ヨーロッパや南米的なアバウトさはなかなか受け入れづらいところはあるかもしれません。でもそこを「いや、そういうものだ」と受け入れてみれば、すごく面白く、楽しく見られると思うので、あまり変な疑問や「これってどうなの?」という観点で見ない方が、より楽しめると思いますね。

―――まずは一度その場に飛び込んでみて、それから自分がどう感じるかで見方も変わればいいということですね。

鈴井 そうですね。例えば、今だと結構若い女の子2人組もいますし、1人だけで来ている人もいるので、「行ったら怖いのかな」というイメージを持っている人も、そう思わないで。あとは、各チームでフードにも力を入れているので、そのスタジアムならではの食べ物とかも楽しめますよね。さらに言えば、サッカーはきっちり時間通りに試合が終わります。野球のように、「延長で終電どうしよう」ということがないので、その日のスケジュールの計算が立つこともいい点ですね。

■“タイのメッシ”がどのくらい通用するのかが、我がチームのカギ

―――好きな選手では以前、三浦知良選手の名前を挙げられていることを拝見しました。

鈴井 今現在も含め、プレースタイル云々というより、サッカーに対する姿勢ですね。カズさんはサッカーを仕事だと言うかわかりませんが、自分が取り組んでいるものを、あそこまで真摯に日々努力してやられているという姿勢は、人として尊敬しています。あと好きな選手はベタですけど、今はメッシ、ネイマール、スアレスですね。うちの犬にもネイマールとスアレスの名前をつけています。メッシはいないですけど、モカという名前の犬はいるので、頭文字が「M」なので、“MSN”は揃っているということで(笑)。

―――海外サッカーもご覧になるんですか?

鈴井 そんなに見ているわけではありません。夜遅い放送になると時間が合わないので、再放送やダイジェストをチラチラと見る程度ですね。フルで見ることはなかなか時間が合わないので。

―――コンサドーレについて改めてうかがいます。好きな選手はカズさんの名前を挙げられましたが、選手などとの親交はありますか?

鈴井 多くはいませんが、現役だったら都倉くんや石井謙伍ですね。謙伍は愛媛FCに移籍する前(2010年に札幌から愛媛へ移籍。2014年に札幌復帰)からです。その世代が一番交流がありますね。西大伍(現鹿島、2009年まで札幌在籍)とか藤田征也(現湘南、2010年まで札幌在籍)とか。一番仲が良いのは西大伍ですかね。今は現役を退きましたが、曽田(雄志)はプライベートでもずっと親交があります。都倉くんも彼経由で紹介してもらいました。

―――今季の戦いぶりはいかがでしょうか。

鈴井 チャナ(ティップ)が来たし、ジェイも入ったので、ポジション争いが激しくなりそうで、ベンチ入りするのも大変ですよね。

―――見ている側としては補強したことのワクワク感もあると思います。

鈴井 そうですね。“タイのメッシ”が日本でどのくらい通用するのかが、我がチームのカギですから。残留争いという中でなんとか降格圏を悠々と抜けて、「来年も大丈夫ですよ」と早くなってほしいですね。ぜひぜひ、後半戦はどんどんいってもらいたいと思います。

■サッカーと舞台の共通点は“臨機応変さ”。そこに生の面白さがある

―――もっと北海道の方に見に来てほしいという思いはお持ちですか?

鈴井 今はカップ戦になったら8000人とかなので。1万人を切ってしまうとキツいと思います。ただ…正直、札幌ドームはピッチが遠いんだよなぁ…。他のスタジアムと比べて臨場感がなくて、大箱すぎるところがあります。そういう面においてもいろいろとネックになるところが多いと思います。

 でも、スタジアムに行ったときの、あのワクワク感や高まる感じは、テレビなどで見ているものとは全く違います。僕も今季見に行った試合では、毎回違う人を誘っていて。初めて見に行く人でも、行ったらすごく興味を持ってくれて、その後も個人で行ってくれたりしています。まずは行ってみることですね。

 そこで勝ち試合か、せめて引き分けの試合が見られればまた来ると思うんですけど、「負けたのかい!」となると、なかなか次につながらない。でも、コンサドーレはホームで強い。ホームだけで勝ち点を稼いでいるので(笑)。だから「僕が行ったら絶対に負けないから」を誘い文句にしています。だからなんとか頑張ってもらいたいですね。

―――鈴井さんは現在、ご自身が作・演出を手掛ける舞台『天国への階段』の全国公演ツアー中でいらっしゃいます。サッカー、舞台ともにそこまで積み重ねてきたものをライブで披露するという共通点があると思います。

鈴井 舞台はお芝居ではありますが、僕らがやっているものはスポーツに近いと言えます。毎回セットが複雑ですし、動きも大変で、実はみんなサポーターをしながら飛んだり、跳ねたり、駆けずり回ったりしているんです。「これは俳優というより、アスリートだよね」と稽古場でも言っているくらいです。

 他に共通点としては、臨機応変さが問われることですね。舞台はセリフが決まっていて、稽古も1カ月くらい重ねて、段取りが決まっていますが、予定調和にないことは可能性として起こりえるし、実は起きてほしいと僕は思っています。不測の事態となった時、どうやりとりをするか、どういうポジションを取るか。僕はよく芝居の説明や演出をサッカーに例えるんです。「大切なのはポジショニングだから」と。

 全員が前に出てきたらダメですし、「後ろに下がる人間がいるから、斜めに動線が生まれて、スペースができるからココを埋めろ」という具合に演出を説明したりします。チームプレーでもあり、個人がしっかり決めるところもある。サッカーを知らないと、何を言っているかよくわからないと思われるかもしれませんが、「ごめんなさい、サッカーしかわからないからサッカーで例えるとこうなんです」と説明をさせていただくことがあります。やっぱり生の臨場感、予定調和にないことが起きるから、臨機応変にどう対応できるか問われることが、面白さだと思います。

 僕は演出家でありますけど、共演者の方たちは役者というプレーヤーであって。サッカーでは試合で戦術とかや事前のプランニングがあって監督が指示しますけど、いざ本番となったらプレーヤーがどう動くかを随時感じてやっていかないといけない。そういうお芝居になってほしいし、そういう役者さんであってほしいと言います。作り上げる過程、考え方としてはサッカーにとても近い舞台ですね。

関連記事(外部サイト)