名古屋、25分間の再試合を制して天皇杯16強入り…八戸は一時同点も及ばず

名古屋、25分間の再試合を制して天皇杯16強入り…八戸は一時同点も及ばず

ヴァンラーレ八戸対名古屋グランパスの再試合が行われた [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

 雷雨の影響で延期となっていた第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦、ヴァンラーレ八戸(青森県代表)対名古屋グランパス(J2)戦の再試合が2日に行われた。

 同試合は7月12日に行われたが、名古屋の1点リードで迎えた65分に、雷雨により中断。このまま試合中止となり、8月2日に65分からの再開という形で行われることが決まっていた。

 迎えた再試合、先にスコアを動かしたのは八戸だった。70分、左サイドからのFKがゴール前にこぼれたところを村上聖弥が押し込み、1−1の同点となった。だが、試合終盤の85分、名古屋は右CKにワシントンがヘディングで合わせ、勝ち越しに成功した。

 試合はこのままタイムアップを迎え、名古屋が中断前のスコアと合わせて2−1で勝利を収めた。

 これで今季の天皇杯ベスト16進出チームがすべて決定。7日に組み合わせ抽選会が行われ、試合は9月20日に開催される。

【スコア】
ヴァンラーレ八戸 1−2 名古屋グランパス

【得点者】
0−1 53分 永井龍(名古屋)
1−1 70分 村上聖弥(八戸)
1−2 85分 ワシントン(名古屋)

■天皇杯ベスト16進出チーム
鹿島アントラーズ(J1)
浦和レッズ(J1)
大宮アルディージャ(J1)
柏レイソル(J1)
川崎フロンターレ(J1)
横浜F・マリノス(J1)
AC長野パルセイロ(長野県代表)
セレッソ大阪(J1)
ジュビロ磐田(J1)
ガンバ大阪(J1)
ヴィッセル神戸(J1)
サンフレッチェ広島(J1)
松本山雅FC(J2)
清水エスパルス(J1)
筑波大学(茨城県代表)
名古屋グランパス(J2)

関連記事(外部サイト)