どうしたバイエルン…? プレシーズンの「成績」があまりに悲惨だった

どうしたバイエルン…? プレシーズンの「成績」があまりに悲惨だった

プレシーズンで思うような結果を残すことができていないバイエルン [写真]=Bongarts/Getty Images

 圧倒的な強さで、昨シーズンのブンデスリーガを制したバイエルン。

 目標としていた3冠にはあと一歩届かなかったが、国内での強さは突出しており、今シーズンは6連覇を目指して戦うことになる。

 ブラジル代表MFドウグラス・コスタこそ放出したが、ドイツ代表MFセバスティアン・ルディやフランス代表MFコランタン・トリッソ、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスを獲得するなど、補強策も順調だ。

 しかし、そんなバイエルンはプレシーズンマッチで全くと言っていいほど結果が出ていない。

 7月以降、1部チームと対戦した試合の成績は以下の通り。

vsホッフェンハイム 1−0◯
vsブレーメン 2−0◯
vsアーセナル 1−1(PK2−3)△
vsミラン 0−4●
vsチェルシー 3−2◯
vsインテル 0−2●
vsリヴァプール 0−3●
vsナポリ 0−2●

 ホッフェンハイム、ブレーメンとの試合には勝利したが、その後はインターナショナル・チャンピオンズカップ、アウディ・カップといった大会でわずか1勝しかあげていないのだ。

 なかでもアウディ・カップではリヴァプール、ナポリ相手に連敗し、ホームゲームでありながら得点を奪うことすらできなかった。

 もちろん、プレシーズンマッチは調整の過程であり、評価を下すにはまだ早い。しかし、バイエルンほどのクラブが直近5試合で4敗を喫するとなれば不安がるファンも少なくないはずだ。

 18日に行われるブンデスリーガ開幕戦で、バイエルンはレヴァークーゼンと対戦する。

(記事提供:Qoly)

関連記事(外部サイト)