ヴェンゲル監督、サンチェス残留を明言「彼はアーセナルにとどまる」

ヴェンゲル監督、サンチェス残留を明言「彼はアーセナルにとどまる」

去就問題が注目されているサンチェス [写真]=Getty Images

 アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は、今夏移籍が噂されているチリ代表FWアレクシス・サンチェスの残留を明言した。3日付のイギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 現在28歳のサンチェスは、合流予定日から遅れて合流するなど移籍への抵抗をしているとも報じられていた。しかし、実際はインフルエンザによって遅れただけで、合流直後から練習に参加している。

 そんなサンチェスに対してヴェンゲル監督は「私が話すことができるのは彼が集中しているということだけだ。私の考えは明らかだ。彼はここにとどまるし、彼はそれを尊重している」と語った。

 続けて「それ以上の情報はもうない。もう終わったんだ。今シーズン彼はここにいるし、私たちがそれ以上を要求すれば彼はそれ以上いるだろう」とサンチェスの将来については何も語らないとコメントした。

 アーセナルとの契約が残り1年となっており、今夏の退団が濃厚と報じられていたサンチェス。パリ・サンジェルマンやマンチェスター・Cが獲得に関心を示していたものの、残留に近づいているようだ。

関連記事(外部サイト)