バルサ戦士からネイマールへ惜別メッセージ続々と…「君と共有した時間を忘れない」

バルサ戦士からネイマールへ惜別メッセージ続々と…「君と共有した時間を忘れない」

チームの象徴的存在となっていた“MSN”(左からメッシ、スアレス、ネイマール)[写真]=Power Sport Images/Getty Images

 パリ・サンジェルマン加入が決定したブラジル代表FWネイマールに対し、バルセロナでともにプレーした選手たちは自身のツイッターやインスタグラムで惜別のメッセージを投稿している。

 現在25歳のネイマールは、2013年7月にサントス(ブラジル)からバルセロナに加入。同年8月21日に行われたスーペルコパ・デ・エスパーニャのアトレティコ・マドリード戦で優勝に導くアウェイゴールを決め、いきなり公式戦初得点を記録するなど、加入直後から大きな存在感を見せつけた。2014−15シーズン以降はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスとともに、“MSN”のトリオで攻撃陣をけん引。バルセロナでは公式戦186試合に出場、105得点、80アシストを記録した。

 移籍の噂が浮上してからは、連日様々な報道が飛び交い、バルセロナの選手たちとの間に亀裂が生じているとの報道も。しかし移籍決定後のバルサ戦士たちの反応はどれも温かく、ネイマールとの仲の良さをうかがわせるものとなっている。

 “MSN”として抜群のコンビネーションを発揮したスアレスは、「友よ。今後起こりうる全てのことが幸せに満ちたものとなるよう祈るよ。そして君のサポートに感謝する。君とともに学んだ全てのこと、そして共に過ごしたかけがえのない瞬間にね。これからもこの関係を持続させたいし、君への愛は変わらないよ」と熱いメッセージを送っている。

 スぺイン人MFセルジ・ロベルトはネイマールとともに撮影した“セルフィー”を投稿。「新しいステージでも幸運を! 君と共有できた時間は幸せだった。これからも沢山の喜びが君に降り注ぐように! ハグを!」と言葉を添えている。

 クロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチは、試合中にネイマールとハイタッチする写真を掲載。「弟よ、君の新しい冒険でも沢山の幸運があるように。この3年間、君とともに経験した最高の瞬間は絶対に忘れない。大きなハグを!」とツイートした。

 そしてトルコ代表MFアルダ・トゥランは、自身の後ろにネイマールがひょっこりと顔を出しピースサインをしているお茶目な写真を投稿。「兄弟よ、決して忘れられない瞬間を、君と共有できたことは何よりの喜びだった。常に君の幸運を祈っている」とメッセージを添えている。

 一方のネイマールも、自身のインスタグラムで動画メッセージを公開。「アスリートの人生はチャレンジによって築かれる。いくつかは与えられるもので、いくつかは輝かしいキャリアを続けるために自らが決断した結果によるものだ」、「バルセロナはチャレンジ以上のもので、子供の頃の夢だった」、「忘れられない時間を過ごしたよ。“街以上の街”で過ごし、故郷となった。バルセロナを愛し、カタルーニャを愛している」と“バルサ愛”をアピール。

「バルセロナとカタルーニャは常に僕の心の中にある。でも僕には新たなチャレンジが必要だ。新たな偉業にトライし、ファンが望むタイトルの獲得に貢献するため、PSG移籍を決断した」とそれでもチャレンジを続ける大切さを強調し、移籍を決断した背景を明かしている。

関連記事(外部サイト)