昨季不調に終わったトッテナムのシソコ…トルコへ1年間のローン移籍か

昨季不調に終わったトッテナムのシソコ…トルコへ1年間のローン移籍か

移籍が噂されるシソコ [写真]=Action Plus via Getty Images

 トッテナムに所属するフランス代表MFムサ・シソコがローン移籍で放出されるという。イギリスメディア『イブニング・クロニクル』が4日付で報じている。

 シソコの移籍先に上がっているのはトルコのトラブゾンスポルで、1年間のレンタルが濃厚と報じた同紙。昨シーズンに3000万ポンド(約43億円)でニューカッスルから移籍してきたシソコは、ユーロ2016で評価を上げた。

 しかし、昨シーズンのプレミアリーグで先発出場は8試合しかなく、期待に添えるような活躍はできなかった。マウリシオ・ポチェッティーノ監督も今夏のプレシーズンツアーに同選手を帯同させず、来シーズンの構想外としている。

 この状況に目をつけたのがトラブゾンスポル。トッテナムに買い取りオプション付きレンタル移籍のオファーを準備していると報道した。

 クラブの会長であるムハーレム・ウスタ氏は「私たちはシソコについて話し合っている。彼はとても重要なプレイヤーで、トッテナムは昨夏に大金を払って彼を獲得した。彼は昨シーズン調子が良くなかったが、サッカーではよくあることだ。彼をローンで獲得して、キャリアを回復させたいと考えている。実際にトッテナムは彼にまだ期待しているんだよ」とコメントしている。

 チャンピオンズリーグ(CL)の舞台で戦うことを夢見ていたシソコがトラブゾンスポルへ移籍した場合、少なくても1シーズンはCLで戦えなくなる。しかし、このままトッテナムにいても出場機会が与えられることは考えにくく、苦渋の決断を迫られた。

関連記事(外部サイト)