37歳のR・キーンがインド移籍…元同僚シェリンガム率いるクラブに加入

37歳のR・キーンがインド移籍…元同僚シェリンガム率いるクラブに加入

インドへの移籍が決まったロビー・キーン [写真]=Getty Images

 インドスーパーリーグ?(ISL)?のアトレティコ・デ・コルカタは4日、元アイルランド代表FWロビー・キーンの加入をクラブ公式ツイッターで発表した。

 R・キーンは昨年11月に2016シーズン終了をもってMLS(メジャーリーグサッカー)のロサンゼルス・ギャラクシーを退団。その後は移籍先を探していたが、新天地はインドに決まった。

 現在37歳の同選手はインテルやリーズ、トッテナム、リヴァプール、セルティックなどを渡り歩き、2011年8月にLAギャラクシーへ移籍。同クラブでは通算92ゴールを記録し、3度のMLSカップ優勝に貢献した。

 なお、アトレティコ・デ・コルカタは、トッテナムでチームメイトだった元イングランド代表FWのテディ・シェリンガム氏が7月に指揮官に就任している。

関連記事(外部サイト)