2度の中断&カラーボール登場…濃霧の一戦は鹿島が仙台を下す

J鹿島戦 濃霧でカラーボール

2度の中断&カラーボール登場…濃霧の一戦は鹿島が仙台を下す

2度の中断&カラーボール登場…濃霧の一戦は鹿島が仙台を下す

土居が先制点を挙げる [写真]=JL/Getty Images for DAZN

 2017明治安田生命J1リーグ第20節が5日に行われ、鹿島アントラーズベガルタ仙台が対戦した。

 大岩剛監督の就任後、6勝1分けといまだ無敗の鹿島。小笠原満男が3試合ぶり、遠藤康が2試合ぶりのスタメンとなった。一方、5試合勝利のない仙台は、名古屋グランパスから加入した古林将太を先発に起用した。

 この日の茨城県立カシマサッカースタジアム付近は濃い霧に包まれ、24分には白い公式球ではなく、オレンジ色の公式球が使用されることに。30分には審判団の協議もあり、一時中断となった。迎えた前半アディショナルタイム3分、スルーパスに抜け出した土居聖真がゴールに流し込み、鹿島が1点のリードで折り返す。

 後半も予定通りスタートしたが、60分に再び中断。約10分間のインターバルを経て、試合が再開した。後半アディショナルタイムには金崎夢生のループパスに反応した途中出場の鈴木優磨が決めて、勝負を決定付ける追加点を奪う。

 試合は2−0で終了。鹿島は2連勝。一方の仙台は6試合勝利なしとなった。

 次節、鹿島はアウェイでヴィッセル神戸と、仙台はホームでジュビロ磐田と対戦する。

【スコア】
鹿島アントラーズ 2−0 ベガルタ仙台

【得点者】
1−0 45+3分 土居聖真(鹿島)
2−0 90+2分 鈴木優磨(鹿島)

関連記事(外部サイト)