アーセナル、エジルとラムジーが開幕戦欠場か…指揮官「出場の可能性は低い」

アーセナル、エジルとラムジーが開幕戦欠場か…指揮官「出場の可能性は低い」

開幕戦欠場の可能性が高いエジル(左)とラムジー(右)[写真]=Arsenal FC via Getty Images

 アーセナルのドイツ代表MFメスト・エジルと、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーが11日に行われるレスターとのプレミアリーグ開幕戦を欠場する可能性が出ている。アーセン・ヴェンゲル監督がインタビューで明かし、イギリス紙『サン』が伝えている。

 6日に行われたプレミアリーグ王者チェルシーとのFAコミュニティシールドで、1−1の末にPK戦を4−1で制して優勝を果たしたアーセナル。ヴェンゲル監督は試合後、リヨンから新加入のフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットや、シャルケから新加入のボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツのパフォーマンスに対して満足感を示した一方で、エジル、ラムジーの状態について開幕戦に間に合わない可能性があると認めた。

 昨シーズン公式戦44試合に出場して12得点を挙げ、攻撃陣をけん引したエジルだが、足首に腫れがあるため、ヴェンゲル監督いわく「金曜日(11日)に出場できる可能性は低い」とのこと。さらに昨シーズンの公式戦で32試合に出場し、4得点を挙げたラムジーは、ふくらはぎに違和感を抱えており、同じく開幕戦への出場は難しいと見られているようだ。

 両選手はFAコミュニティシールドでもベンチ外となっており、エジルと同じく今夏の移籍市場での退団が噂されたチリ代表FWアレクシス・サンチェスもメンバー入りはしなかった。守護神の元チェコ代表GKペトル・チェフは試合後『BTSports1』の取材に対し、「多くの選手が離脱している」と昨シーズンの主力選手の不在を嘆いた一方で「でも選手全員が毎試合競争意識を持って臨めるのはいいこと」とコメントしている。

 17−18シーズンのプレミアリーグは、今月11日に開幕。アーセナルはホームで日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターと対戦。一方、PK戦で惜しくも敗れたチェルシーはホームにバーンリーを迎える。

関連記事(外部サイト)