PKを外したモラタ、チェルシーファンは落胆…F・トーレスの再来?

PKを外したモラタ、チェルシーファンは落胆…F・トーレスの再来?

PKを外したモラタ [写真]=Getty Images

 チェルシーは、6日に行われたFAコミュニティーシールドでアーセナルと対戦。PK戦の末に敗戦となっていたが、PKを失敗したスペイン代表FWアルバロ・モラタにファンは落胆しているようだ。6日付のイギリス紙『デイリースター』が伝えている。

 モラタは今夏レアル・マドリードからチェルシーに移籍金7000万ポンド(約103億円)で加入。この金額は、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(現アトレティコ・マドリード)が2011年にリヴァプールからチェルシーへ加入した際の移籍金を上回り、同国選手史上最高額だと伝えられている。

 そのような高額な移籍金でチェルシーにやってきたモラタには、ファンも新エースとしての期待を寄せている。しかし、アーセナル戦に途中出場した同選手は、3人目のキッカーとしてPKを蹴るも、枠外に外してしまう。このPKにチェルシーファンは落胆しているという。同紙がインターネット上に挙がっているコメントを紹介している。

「7000万ポンドで獲得したモラタがPKを外した」と高額な移籍金は同選手獲得に見合ってないとのコメント。他には「モラタは新しいトーレスになろうとしている」とチェルシー在籍時に活躍できなかった同郷の再来との声も挙がっているようだ。

 今シーズンがプレミアリーグ初挑戦となるモラタ。移籍金に見合う活躍ができるのか注目が集まる。

関連記事(外部サイト)