インテル、快速FWビアビアニーをスパルタ・プラハに譲渡

インテル、快速FWビアビアニーをスパルタ・プラハに譲渡

ジョナタン・ビアビアニー [写真]=Getty Images

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルが7日、フランス人FWジョナタン・ビアビアニーをチェコのスパルタ・プラハに譲渡(移籍金なしでの移籍)したことを正式発表した。

 今回の契約はレンタル移籍で、完全移籍のオプションが付くものとなっている。

 現在29歳のビアビアニーはインテルの下部組織出身で、100メートル10秒3を記録した快速アタッカーとして知られる。レンタル移籍でキエーヴォやサンプドリア、パルマにレンタル移籍すると、2012−13シーズンにパルマに完全移籍で加入した。パルマ時代の2014年には不整脈が発覚し、サッカー選手としての危機に立たされたが、手術の末に復活を遂げ、2015年夏にインテルに復帰。15−16シーズンはセリエAで20試合に出場したが、昨シーズンは1試合の出場と出番が激減していた。

関連記事(外部サイト)