サウサンプトン、ユーヴェからレミナ獲得決定…5年契約締結と発表

サウサンプトン、ユーヴェからレミナ獲得決定…5年契約締結と発表

サウサンプトン移籍が決定したレミナ [写真]=Getty Images

 サウサンプトンは8日、ユヴェントスからガボン代表MFマリオ・レミナを獲得したとクラブ公式ツイッターで正式発表した。

 契約年数は5年で、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、移籍金は1800万ユーロ(約23億4000万円)で、さらにボーナスが加わり、総額で2000万ユーロ(約26億万円)に達するものと見られる。また、移籍金は3年のローンで支払われる模様だ。

 新天地への移籍が決まったレミナはクラブ公式チェンネルのインタビューで「サウサンプトンと契約できて本当に嬉しい。彼らのプロジェクトは、自分にとって、より魅力的なものだと思う。ここにいることができてとても満足している。このクラブは移籍市場で最初から自分にとても関心を持ってくれていた」とコメントし、移籍を喜んでいる。

 レミナは、1993年9月1日生まれの23歳。2015年夏にマルセイユから加入したが、移籍1年目はセリエAで10試合の出場。2年目の昨シーズンは、19試合の出場に留まり、レミナ自身が出場機会の得られるチームでのプレーを主張していた。

関連記事(外部サイト)