コンテ監督、モラタ獲得の理由を明かす…「選手としてかなり信頼している」

コンテ監督、モラタ獲得の理由を明かす…「選手としてかなり信頼している」

モラタ(左)に信頼を寄せるコンテ監督(右)[写真]=Chelsea FC via Getty Images

 チェルシーのアントニオ・コンテ監督が、レアル・マドリードからスペイン代表FWアルバロ・モラタを獲得した理由を明かしている。イギリスメディア『スカイスポーツ』のインタビューを引用する形で、9日付けのイギリス紙『サン』が報じている。

 今夏レアル・マドリードから7000万ポンド(約103億円)の移籍金でチェルシーに加入したモラタだが、6日に行われたアーセナルとのFAコミュニティーシールドではPKを外すなど、現段階ではまだその価値を証明できていない。しかしコンテ監督は『スカイスポーツ』のインタビューの中で、「アルバロは本当に良い選手だ。若いがすでに多くの経験がある」と同選手が高い能力を持っていることを主張。さらに「彼は定期的にプレーする必要がある。私がかなり信頼している選手だ。現在、そして未来のチェルシーにとって見込みのある選手だと思う」と続け、モラタに全幅の信頼を置いていることを明かした。

 また、『スカイスポーツ』で解説を務める元フランス代表FWティエリ・アンリ氏も「コンテ監督はモラタに自分の考えている通りのプレーをさせるだろう。プレミアリーグに慣れる必要はあるが、慣れればうまくやるさ」とモラタを支持。さらに「過去の成績を見れば、彼はゴールが取れることが分かる。彼が好きだし、うまくいくことを願っているよ」と同選手の新天地での活躍に太鼓判を押した。

 8月12日にプレミアリーグの開幕戦でバーンリーと対戦するチェルシー。果たしてモラタはコンテ監督やアンリ氏の期待に応え、自身の価値を証明できるだろうか。

(記事/Footmedia)

関連記事(外部サイト)