ピルロが双子のパパに! NYシティFCは年内で退団…契約延長せずイタリア帰国か

元イタリア代表MFアンドレア・ピルロが双子のパパに NYシティFCは年内で退団との噂も

記事まとめ

  • NYシティFC所属の元イタリア代表MFアンドレア・ピルロに双子が誕生していたとのこと
  • 前夫人と01年に結婚し二人の子供に恵まれたが、別の女性との親密交際が週刊誌に載った
  • ピルロのNYシティFCとの契約は、12月31日までとなっており、退団すると見られている

ピルロが双子のパパに! NYシティFCは年内で退団…契約延長せずイタリア帰国か

ピルロが双子のパパに! NYシティFCは年内で退団…契約延長せずイタリア帰国か

年内いっぱいでNYシティFCを退団すると見られるピルロ [写真]=AMA/Getty Images

 メジャーリーグサッカー(MLS)のニューヨーク・シティFCに所属する元イタリア代表MFアンドレア・ピルロに、先月7月、新たに双子が誕生していたことが分かった。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 現在38歳のピルロは2015年7月にユヴェントスを離れ、NYシティFCに加入。これまでMLSで公式戦56試合に出場し、1得点8アシストを記録している。イタリア代表としては2002年からプレーし、117試合に出場、13得点をマーク。FIFAワールドカップ 2006ドイツでは優勝に貢献した。

 私生活ではデボラ・ロベルシ前夫人と2001年に結婚。ピッコロ君、アンジェラちゃんという二人の子供に恵まれたが、2014年にヴァレンティーナ・バルディーニという女性との親密交際が週刊誌にキャッチされた。

 離婚調停を行い、デボラ前夫人に対して慰謝料、生活費などとして月額4万ユーロ(約560万円)と2人の子供の養育費1万5000ユーロ(約210万円)の合計5万5000ユーロ(約770万円)、年間で66万ユーロ(約9200万円)を支払うよう命じられた過去がある。

 その後もバルディーニさんとの交際は続いており、二人はニューヨークでも共に生活していたようだ。バルディーニさんは今週自身のブログを更新し、先月7月7日に、双子を出産していたことを発表。レオナルド君とトマーソ君と命名したという。

 バルディーニさんは「明日で一カ月になるの。私も体重の増加に悩んだけど、今はもうスリムになってきたし、エネルギーに満ち溢れているわ」と近況を明かしている。

 さらにブログの中では今後の去就についても触れている。

「12月には美しい街、イタリアに帰ることになる。ニューヨークでは色んなことがあったわ、人生で最も美しい経験が沢山出来た。これからの人生においても繋がっていたい、素晴らしい人たちにも出会えた。そして私の人生における一番大きな、一番重要な目標『母になること』ができた」

 ピルロのNYシティFCとの契約は、今年の12月31日までとなっており、バルディーニさんの文章からも契約を延長する考えはないことが伺える。ピルロは過去に、今後のキャリアについて「良い形でシーズンを終えたい。その後のことはそれから考えよう」と述べるにとどまっているが、イタリアに帰国した場合、どこかのクラブで現役を続行するのか、引退するのかという決断にも注目が集まっている。

「引退してもサッカーの世界に残るよ。クラブの幹部や監督、どんなことをするかはまだ分からないけど」と今年1月に語ったピルロ。偉大な“レジェンド”の行く末に視線が注がれている。

関連記事(外部サイト)