ミララスとキャバイェが登壇…ニューバランスの新スパイク発表会が開催

ミララスとキャバイェが登壇…ニューバランスの新スパイク発表会が開催

ロンドンで行われたローンチイベントに登壇したミララス(左)とキャバイェ(右)

 現地時間8月8日、ニューバランスが新製品を発表するローンチイベントをロンドンで開催。『FURON(フューロン)』の新モデルと『VISARO(ビザロ)』の新色を公開した。

『FURON』はゴールゲッターが持ち合わせる「furious」(凶暴さ・猛烈さ)と、「neutrons」(中性子)から連想させる爆発的な攻撃性をイメージしたスパイク。今回発表された新型の『FURON3.0』は、その加速性能をさらに追求したモデルだ。イベントには、ベルギー代表FWケヴィン・ミララス(エヴァートン)とフランス代表MFヨアン・キャバイェ(クリスタル・パレス)が登壇した。

『FURON』を着用するミララスは、「すぐに足に馴染んでくれて、すごく履きやすいね。前のモデルも軽かったけど、さらに軽量になったから、より速く走れるようになった。これを履いてもっとゴールを決めたい」と、今シーズンの意気込みを語った。

 また、『VISARO』を着用するキャバイェは、「履き心地もいいし、パスもシュートも思いどおり飛んでいく。今回のモデルもクールなカラーですごく気に入ったよ」と、機能性とデザインに満足感を示した。

 この日、会場には各国のメディアに加え、ユーチューバーやブロガーなどのインフルエンサーたちが参加。トークショーの後には『FURON3.0』と新色の『VISARO2.0』の試履会が行われた。
 
 試履会では、『FURON』と『VISARO』でそれぞれ別メニューのゲームを用意。ポールの間を駆け抜け、浮き球をボレーシュートで狙う「FURONチャレンジ」と、トレーニングマシンから出てくる浮き球のパスをトラップし、フィールドに設置された4カ所のゴールを狙う「VISAROチャレンジ」を通して、参加者たちは履き心地や蹴り心地を確かめた。

 今回発表された『FURON3.0』は、「相手のディフェンスを抜き去り、決定的なチャンスを作り、結果を出すこと」をテーマに、機能性を一新。軽量化されたハイブリットメッシュ素材をアッパー部分に採用することにより、軽量かつしなやかで耐久性も兼ね備えている。また、TPUを特殊コーディングしたポリエステルを組み合わせたメッシュ素材が、しなやかさを活かした足入れの良さと耐久性の高さを実現。よりプレッシャーがかかるキーゾーンにはホールド性と耐久性を高めたファントムフィットを採用している。

「常に選手のニーズを理解して、選手が100パーセント快適に履くことができるよう努めています」。そう語るのは、開発の指揮を執るプロダクト マネージャーのアダム・リヨン氏だ。「今回の『FURON3.0』は、爆発的なスピードと加速性、そして正確性にこだわって設計しました。プレーヤーの皆さんには、『FURON3.0』を履いて少ないチャンスを確実にモノにしてほしい」とメッセージを送った。

「FURON(フューロン)3.0」はニューバランスのオンラインショップで購入可能。

関連記事(外部サイト)