リネカー氏がモウリーニョに警告「マルシャルにもっと注意を払わなければ」

リネカー氏がモウリーニョに警告「マルシャルにもっと注意を払わなければ」

リネカー氏が「世界最高の若手選手」と絶賛するマルシャルだが、果たして…? [写真]=Getty Images

 元イングランド代表FWゲーリー・リネカー氏がマンチェスター・Uのフランス代表MFアントニー・マルシャルの“扱い”について、同クラブのジョゼ・モウリーニョ監督に警告を発したようだ。10日付でイギリス紙『メトロ』が報じた。

 2015年に10代の選手として史上最高額の移籍金となる3600万ポンド(約52億円)でマンチェスター・Uに加入したマルシャルは、デビュー戦で宿敵リヴァプールからゴールを奪い、勝利に貢献。その後もコンスタントに出場機会を重ね、高額な移籍金に見合う選手であることをすぐさま証明した。

 しかし、2年目となった昨シーズン、不調に陥り出場機会が激減。さらにモウリーニョ監督がウイングのポジションを補強ポイントにあげる発言をしたことで、インテルなどへの今夏の移籍が噂されていた。

 だが、リネカー氏は「マルシャルは世界で最も優れた若手選手だ」とし、「モウリーニョは彼の才能をもっと引き出さなければならないね。もっと注意を払うべきだ」とモウリーニョ監督に同選手の“扱い”を注意深くするべきだと語った。

 さらに、「マーカス・ラッシュフォードやマルシャルのような2人の若手選手を同時にチームに所属させ、成長を促すことができるのはモウリーニョにとって素晴らしい状況だ。多少のジレンマは抱えるだろうけどね」と、同じく才能ある若手選手として評価が高いイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードと同じレベルにあると強調した。

 最後にリネカー氏はモウリーニョ監督本人についても触れ、「我々は彼が常にチームのために決断を下すことができる。それはこれまで何度も証明してきた。ユナイテッドは今シーズン、チャンピオンズリーグを戦う。彼らにはより多くの優れた選手が必要だ。マルシャルはシーズン序盤は出番を逃すかもしれないが、いずれチャンスは訪れる」と、同監督の指揮官としての才能に太鼓判を押すと同時に、マルシャルに奮起を求めた。

 

関連記事(外部サイト)