メデルの新天地がトルコに決定…古巣ボカは給料面で折り合いつかず

メデルの新天地がトルコに決定…古巣ボカは給料面で折り合いつかず

3年間を過ごしたインテルを退団し、ベジクタシュに加入することが決定したメデル [写真]=Getty Images

 ベジクタシュが11日、インテルからチリ代表MFガリー・メデルを獲得したことを発表した。

 メキシコのティグレスや古巣のボカ・ジュニオルスなどが獲得に動いていたとされるメデルだが、給料面で折り合いがつかず、最終的には3年契約でベシクタシュ加入が決定。初のトルコ挑戦となった。

 メデルは自身のTwitterでインテルのファンにメッセージを送った。

 投稿には、「インテルを離れるのは簡単ではなかった。この素晴らしい3年間を送らせてくれたチームメイト、コーチ、ドクター、理学療法士、シェフ、そしてこのクラブのために働くすべてのみんなに感謝したい。特に僕に多くの愛情を示してくれたファンに。またここに来ることができたら幸運だ。僕はいつもあなたたちのそばにいるよ。フォルツァ、インテル!」と、感謝の言葉が綴られていた。

関連記事(外部サイト)