ムバペのPSG移籍交渉が停滞…指揮官がライバルへの売却を徹底拒否

ムバペのPSG移籍交渉が停滞…指揮官がライバルへの売却を徹底拒否

自らPSGへの移籍を志願したとされるムバペの退団を指揮官が徹底拒否した [写真]=Getty Images

 モナコに所属するフランス代表FWキリアン・ムバペのパリ・サンジェルマンへの移籍交渉が停滞しているようだ。12日付でアメリカ紙『ESPN』が報じた。

 昨シーズン後半、モナコで大ブレイクを果たしたムバペにはパリ・サンジェルマンの他にもレアル・マドリードなど、多くのビッグクラブが興味を示していた。

 先日、ムバペ自身がパリ・サンジェルマンへの移籍希望をクラブ幹部に伝えたと報じられ、退団は決定的とみられていた。

 しかし同紙によると、その交渉が現在停滞している模様だ。

 今夏すでにバルセロナからブラジル代表FWネイマールを史上最高額の移籍金で獲得していたパリ・サンジェルマンは、“第2の目標”としてムバペの獲得に乗り出していた。

 だが、モナコの指揮官を務めるレオナルド・ジャルディム監督が同リーグ最大のライバルへの放出を徹底して拒否。

 13日に行われるリーグアン第2節の対ディジョン戦に先立ち、記者会見に臨んだジャルディム監督は、「チームの重要な選手をリーグアンのクラブに売ることは考えられない。(移籍期限である)31日を静かに待っている。すぐに来るだろうね」と語り、ムバペの移籍を容認しない姿勢を明らかにした。

 モナコは今夏、ポルトガル代表MFベルナルド・シルヴァ、フランス代表DFバンジャマン・メンディをマンチェスター・Cに、フランス代表MFティエムエ・バカヨコをチェルシーに放出。昨シーズンの躍進を支えた主力選手を次々と放出している。

 今シーズン、リーグアン王者としてチャンピオンズリーグ(CL)に挑戦するモナコとしては、“10番”を託したエースの放出は是が非でも避けたいところだろう。

 

関連記事(外部サイト)