王者チェルシー痛恨黒星、マンU快勝…岡崎が1ゴール/プレミア第1節

王者チェルシー痛恨黒星、マンU快勝…岡崎が1ゴール/プレミア第1節

2017−18シーズンのプレミアリーグが開幕した [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第1節が11日から13日にかけて各地で行われた。

 11日のオープニングマッチでは、アーセナルが日本代表FW岡崎慎司のレスターと激突。岡崎は先発メンバーに名を連ね、開始5分に1−1の同点となる今シーズン初ゴールを記録した。打ち合いとなった一戦は、イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディの2ゴールで3−2とレスターがリード。しかし終盤、残り10分を切ってからアーセナルが立て続けに2得点を奪い、4−3と逆転勝利を収めている。岡崎は72分までプレーした。

 王者チェルシーはホームでバーンリーと対戦。14分にイングランド代表DFガリー・ケーヒルがレッドカードを受けると、前半だけで3失点を喫する苦しい展開となる。69分にスペイン代表FWアルバロ・モラタがプレミアリーグ初ゴールを挙げたが、81分には同代表MFセスク・ファブレガスが2枚目のイエローカードで退場。9人となったチェルシーは88分にブラジル代表DFダヴィド・ルイスのゴールで1点差に迫ったが、2−3と敗れて黒星スタートとなった。

 日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは、ホームでスウォンジーとスコアレスドロー。吉田はフル出場を果たしている。

 また、マンチェスター・Cは敵地で昇格組のブライトンと対戦。後半途中まで0−0と攻略に手を焼いたものの、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが70分に先制ゴールを挙げ、オウンゴールで加点して2−0と勝利を収めた。

 マンチェスター・Uはホームでウェストハムと対戦し、新加入のベルギー代表FWロメル・ルカクがいきなり2ゴールの活躍。終盤にはフランス代表FWアントニー・マルシャルや同代表MFポール・ポグバもゴールを決め、4−0と快勝した。

 プレミアリーグ第1節の結果は以下のとおり。

■プレミアリーグ第1節結果

アーセナル 4−3 レスター
ワトフォード 3−3 リヴァプール
チェルシー 2−3 バーンリー
クリスタル・パレス 0−3 ハダーズフィールド
エヴァートン 1−0 ストーク
サウサンプトン 0−0 スウォンジー
ウェスト・ブロムウィッチ 1−0 ボーンマス
ブライトン 0−2 マンチェスター・C
ニューカッスル 0−2 トッテナム
マンチェスター・U 4−0 ウェストハム

■プレミアリーグ第1節順位

1位 マンチェスター・U(勝ち点3)
2位 ハダースフィールド(勝ち点3)
3位 マンチェスター・C(勝ち点3)
3位 トッテナム(勝ち点3)
===========CL===========
5位 アーセナル(勝ち点3)
===========EL===========
6位 バーンリー(勝ち点3)
7位 エヴァートン(勝ち点3)
7位 ウェスト・ブロムウィッチ(勝ち点3)
9位 リヴァプール(勝ち点1)
9位 ワトフォード(勝ち点1)
11位 サウサンプトン(勝ち点1)
11位 スウォンジー(勝ち点1)
13位 レスター(勝ち点0)
14位 チェルシー(勝ち点0)
15位 ボーンマス(勝ち点0)
16位 ストーク(勝ち点0)
17位 ブライトン(勝ち点0)
===========降格==========
17位 ニューカッスル(勝ち点0)
19位 クリスタル・パレス(勝ち点0)
20位 ウェストハム(勝ち点0)

関連記事(外部サイト)