宿敵に敗北のバルサMFブスケツが補強を訴える「何があっても必要」

宿敵に敗北のバルサMFブスケツが補強を訴える「何があっても必要」

レアル・マドリードに敗れたブスケツは新選手の補強を訴えた [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属するスペイン代表MFセルヒオ・ブスケツがクラブに補強を訴えた。スペイン紙『マルカ』が14日付で報じている。

 13日にスーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパーカップ)のファーストレグで宿敵レアル・マドリードと対戦し、ホームで1ー3と敗れたバルセロナ。

 この試合でフル出場を果たしたブスケツは試合後のインタビューで、「ホームでの1ー3の敗北は非常に難しいものだ。僕たちは今失望しているけれど、ここから復活するよ」と、試合に敗れた悔しさを語った後、「新たな選手との契約?この試合の結果だけを考えて言うわけではない。何があっても僕たちは新選手を加えなければならないよ」と、クラブに補強を訴えた。

 今夏、チームの攻撃を担っていた“MSN”の一角であるブラジル代表FWネイマールを、史上最高額の移籍金でパリ・サンジェルマンへ放出したバルセロナ。この試合でも同選手不在の影響は否めず、そういった理由もあってブスケツは語気を強めたのだろうか。

 現在、バルセロナは広州恒大のブラジル代表MFパウリーニョの獲得が間近であると報じられている。

関連記事(外部サイト)