伊スーパー杯制覇のラツィオ、インザーギ監督「完璧な試合をした」

伊スーパー杯制覇のラツィオ、インザーギ監督「完璧な試合をした」

ユヴェントスを下し優勝したラツィオ [写真]=Getty Images

 スーペルコッパ・イタリアーナ(イタリア・スーパーカップ)が13日にローマで行われ、ラツィオがユヴェントスを3−2で下し、2009年以来となる4度目の優勝に輝いた。ラツィオを率いるシモーネ・インザーギ監督が試合後にイタリアメディア『Rai』のインタビューに応えている。

「試合は最後の最後まで決して終わることはないが、我々がスーペルコッパ制覇に値した。7月4日から、この1戦に向けて準備するためにトレーニングを開始した。我々はコッパ・イタリア決勝のリベンジを果たしたかったからだ。ユヴェントスにはほとんど何もさせず、パーフェクトな試合をした」と試合を振り返った。

 また、この試合で招集外となり、ユヴェントスへの移籍の可能性がささやかれるセネガル代表FWケイタ・バルデ・ディアオについては「メディアであまりにも話題になり過ぎていると思う。彼は落ち着きを失っているように見えるから、彼を除いて戦うことを決断した。それに、フェリペ・アンデルソンも欠場していた。しかし、今夜は、この勝利を満喫しなければならない」と説明した。

 そして、チームの強さの秘訣については「ハードワークと犠牲心。幸運にもこの選手たちを率いることができている。彼らは全員が犠牲心を払ってプレーしてくれる。彼らを指導できることは誇りだ」と語った。

 今週末に開幕を迎えるセリエA。ラツィオは、20日にホームでSPALと対戦する。

関連記事(外部サイト)