2ゴールのディバラ、ラツィオを称える「この試合の勝利に値した」

2ゴールのディバラ、ラツィオを称える「この試合の勝利に値した」

2ゴールを決める活躍を披露したディバラ [写真]=Getty Images

 スーペルコッパが13日にローマで行われ、ユヴェントスはラツィオと対戦し、2−3と敗れた。2ゴールを決めるが、勝利に結びつけることができなかったアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが試合後にイタリアメディア『Rai』のインタビューに応えた。

「ラツィオがこの試合の勝利に値した。2−2の同点とした後、精神面で相手を上回れる可能性があったが、十分ではなかった。2ゴールに満足はできない。もし喜んでいるようであれば、自分はエゴイストなのであろう。優勝をかけた一戦で敗れるのは嬉しいものではない」と試合を振り返った。

 続けて「しかし、テンションを下げてはならないんだ。今シーズンは、厳しい1年になるだろう。多くのチームが僕らを倒そうと意欲にわいている。容易なものではないが、全ては自分たち次第だ。僕らには優れた選手たちがたくさんいる」と今シーズンの意気込みを語った。

 今週末に開幕を迎えるセリエA。ユヴェントスは、19日にホームでカリアリと対戦する。

関連記事(外部サイト)