海外遠征で得た「経験」を「自信」に…シャペコエンセ指揮官、後半戦巻き返しを誓う

海外遠征で得た「経験」を「自信」に…シャペコエンセ指揮官、後半戦巻き返しを誓う

海外遠征を終えたシャペコエンセ [写真]=Getty Images

 浦和レッズに0−1で敗れ『スルガ銀行チャンピオンシップ2017 SAITAMA』のタイトルを獲得できなかったが、シャペコエンセを率いるヴィニシウス・エウトロピオ監督は「この遠征でチームは成長した」と総括した。

 来日前にはスペインでバルセロナ、フランスではリヨンと欧州の強豪クラブと親善試合を実施。約10日間の海外遠征は3連敗となったものの、「この3試合で全選手を起用できたし、とてもいい経験にもなった」と語り、「シーズン後半戦はより自信を持って戦うことができる」と前を向く。

 現在シャペコエンセはブラジル全国選手権で降格圏の17位に沈んでおり、まずは残留が第一の目標。加えて、コパスダメリカーナ2017ベスト8を懸けた一戦も来月に控えている。

 試合後、浦和サポーターは『また世界の舞台で会いましょう!』という横断幕を掲げている。再び世界の舞台に帰ってくるために、海外遠征で得た「経験」を今後につなげると指揮官は誓った。

関連記事(外部サイト)