「明日、我々はチャンピオンになる」…スルガ銀行杯に臨むシャペコエンセが最終調整

「明日、我々はチャンピオンになる」…スルガ銀行杯に臨むシャペコエンセが最終調整

15日にスルガ銀行杯で浦和と対戦するシャペコエンセ

『スルガ銀行チャンピオンシップ2017 SAITAMA』を15日に控え、ブラジルのシャペコエンセが前日練習を行った。

 冒頭15分のみ公開となった前日練習では、2人1組となりパス交換からスタート。その後は主力組とサブ組に分かれてセットプレーの最終確認を行った。

 守備の要でキャプテンを務めるグローリは「タイトルを穫れるかどうか、非常に重要なミッションだと思う」と語り、シャペコエンセの伝統的な特長である「激しい守備」を注目ポイントに挙げた。正守護神を務めるジャンドレイは「この一戦に臨めることはとても光栄であり、大きな喜び。美しいサッカーをして、タイトルをシャペコの街へ持って帰りたい」と意気込む。続けて、タイトルを獲得する「自信はある」と力強く語った。

 チームの得点源であるウェリントン・パウリスタは「コンディションは万全。勝利を求めて、日本に来ました。明日、我々はチャンピオンになる」と自信を覗かせる。警戒する選手には「ラファエル・シルバ」の名前を挙げ、浦和のストロングポイントについては「パスを回しながら攻めてくるクオリティの高いチーム」と分析。最後に「ハードワークをして、チャンピオンになりたい」と抱負を語った。

 JリーグYBCルヴァンカップ優勝を果たした浦和レッズとコパ・スダメリカーナ王者のシャペコエンセが対戦する『スルガ銀行チャンピオンシップ2017 SAITAMA』は、15日埼玉スタジアム2002で19時キックオフを予定している。

取材・文=三島大輔

関連記事(外部サイト)