フィオレンティーナ、シメオネ息子を獲得へ…ミラン移籍濃厚のカリニッチ代役に

フィオレンティーナ、シメオネ息子を獲得へ…ミラン移籍濃厚のカリニッチ代役に

シメオネがフィオレンティーナ移籍に近づく [写真]=LightRocket via Getty Images

 フィオレンティーナが、ジェノアに所属するアルゼンチン人FWジオバンニ・シメオネの獲得交渉に本腰を入れて乗り出していることが分かった。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が14日に報じている。

 フィオレンティーナはジェノアに対し、1800万ユーロ(約23億4000万円)の移籍金を提示。ジェノアは2500万ユーロ(約32億5000万円)を要求しているものの、フィオレンティーナが提示した近い額で移籍がまとまる可能性が浮上している。

 また、シメオネ自身には、100万ユーロ(約1億3000万円)の年俸にボーナスが加えられる5年契約が提示された模様だ。早ければ16日には、移籍が決定するとの憶測も出ており、クロアチア代表FWニコラ・カリニッチのミランへの移籍が確実となったフィオレンティーナはその代役の獲得に向けて、移籍交渉を加速させているものと見られる。

 アトレティコ・マドリード指揮官のディエゴ・シメオネ監督の息子として知られるジオバンニは現在22歳。昨シーズン、リーベル・プレートからジェノアに加入した。初年度にしてリーグ戦35試合に出場し、12ゴールを記録。2015年に行われたU−20南米選手権では得点王に輝きアルゼンチン代表を優勝に導いた。

関連記事(外部サイト)