36歳ベルバトフ、新天地はインドか…元マンUコーチと再タッグへ

36歳ベルバトフ、新天地はインドか…元マンUコーチと再タッグへ

インド移籍の見通しを報じられたベルバトフ [写真]=Getty Images

 かつてトッテナムやマンチェスター・Uなどで活躍した元ブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフが、インド・スーパーリーグのケーララ・ブラスターズに加入する見通しとなっているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が15日に伝えている。

 報道によると、ベルバトフはケーララ・ブラスターズ加入をすでに決断。正式発表を待つ状態のようだ。同選手は昨年夏から所属クラブがない状態が続いているが、新天地はインドとなる見通しとなった。ケーララ・ブラスターズは2007年から2013年までマンチェスター・Uでコーチを務めたレネ・メウレンステーン氏が指揮官を務めており、ベルバトフとしては当時以来の“再タッグ”となった。

 ベルバトフはブルガリアのCSKAソフィアからレヴァークーゼンを経て、2006年夏にトッテナムへ移籍した。2008年夏からはマンチェスター・Uでプレー。プレミアリーグのビッグクラブで活躍を見せ、2012年からはフルアム、2014年からはモナコ、そして2015年からはギリシャのPAOKと、各国クラブを渡り歩いた。PAOK退団後は所属クラブがない状態が続いていたベルバトフ。36歳となった今、ついに新天地を見つける見込みとなった。

関連記事(外部サイト)