【G大阪vs柏プレビュー】G大阪は人材不足のため3−5−2の採用が濃厚…柏はクリスティアーノが直近3試合で3得点と好調

【G大阪vs柏プレビュー】G大阪は人材不足のため3−5−2の採用が濃厚…柏はクリスティアーノが直近3試合で3得点と好調

G大阪はやはりベテランMF遠藤保仁の存在が大きい。前節の磐田戦でも攻撃のリズムを作り出していた [写真]=J.LEAGUE

■ガンバ大阪 前節の磐田戦は敗れたものの、3バックが機能

【プラス材料】
 リーグ前節の磐田戦は0−2で敗れたものの、久しぶりにスタートから敷いた3バックが機能した。

 長谷川健太監督も「現状、けがなどでサイドハーフをやれる選手がいないので、今後は3−5−2でやることも考えていきたい」と語っていたことから、今節も3バックが見込まれる。ディフェンスラインはけがから復帰のDFファビオは大事をとって控えに回り、前節同様にMF登録の今野泰幸が一角に据えられそうだ。

 また、右サイドハーフにはDF登録のオ・ジェソクが出場停止明けで戦列復帰。長谷川監督から「うちのサイドバックでは守備については抜けている存在」と評されるオが、サイドハーフでいかに攻守のバランスをとるか、インサイドハーフの選手とバランスを取れるのかも勝負のカギを握る。

 何より心強いのは体調不良から戻ったMF井手口陽介だ。攻守に存在感を見せる彼が安定を見せれば、より攻撃は機能するだろう。

【マイナス材料】
 前節は相手のセットプレー2発に沈み完封負けを喫したが、攻撃に関しては、戦列に戻ったMF遠藤保仁が気の利いたプレーでリズムを作り出した。

 ただ、完封負けという結果が示すように、攻撃の形は作り出したとはいえ、最終的にゼロで終わっては、結果はつかめない。長谷川監督も「押し込む形は作りながらも点を取れなかったのは事実なので。細部の精度にもっとこだわりを持ってゴールをこじ開けていきたい」と話しており、攻撃陣の決定力不足を指摘した。

 その部分がいかに改善されるか。ここ最近は先手をとられる試合が多いうえ、柏の攻撃力、切り替えの早さを考えれば、守備への共通理解は必須と言える。

文:totoONE編集部

■柏レイソル 練習は「ガンバ戦へ向けて良い雰囲気でできた」

【プラス材料】
 今節は、ディエゴ・オリヴェイラとキム・ボギョン、前節は出場停止だった外国籍選手2人が戻ってくる。

 ただ、リーグ前節の清水戦は彼ら2人を欠きながら敵地で4−1の快勝を収めた。2人に代わって出場したハモン・ロペス、武富孝介を始め、4試合ぶりの出場となったユン・ソギョンなど、久々に出場した選手たちが良いパフォーマンスを見せ、欠場選手の穴を全く感じさせない選手層の厚さを見せた。

 さらに、この勝利はチーム内の競争をより活性化させ、「ガンバ戦へ向けて良い雰囲気でできた」と、キャプテンの大谷秀和も今週のトレーニングの充実ぶりを語っている。そして、直近3試合で3得点と調子を上げているクリスティアーノは3シーズン連続の二桁得点に到達。好調の攻撃陣をしたがえて、柏はG大阪に挑む。

【マイナス材料】
 この5年、G大阪とのリーグ戦とカップ戦における対戦成績は、柏が7勝2敗と圧倒しているが、今季第2節での対戦は1−3の完敗だった。しかも柏にとっては今季のワーストゲームとも言える内容であり、90分を通じてG大阪に主導権を握られ、良い形でボールを奪えず、アデミウソンと長沢駿に苦しめられた。

 また、前節の清水戦は結果的には4−1の快勝だったとはいえ、前半には何度かピンチがあり、そこで先制を許していれば結果はどう転んでいたかわからない試合だった。中村航輔の好セーブで免れたのは良い材料とも言えるが、全体的な守備は前半戦の8連勝中と比べると、やや強度が落ちている点は気がかり。1−3に終わった前回対戦の二の舞にならないためにも、修正が必要とされる。

文:鈴木潤

関連記事(外部サイト)