ドルトムントのゲレイロ、車の接触事故で罰金1000万円超…判決下る

ドルトムントのゲレイロ、車の接触事故で罰金1000万円超…判決下る

昨年11月の接触事故で罰金を科されることとなったゲレイロ [写真]=Getty Images

 昨年11月に自動車による接触事故を起こしたドルトムント所属のポルトガル代表DFラファエル・ゲレイロに対して、ドルトムント地方裁判所が罰金の判決を下したことが分かった。16日付のドイツ紙『ビルト』が伝えている。

 昨年11月26日、ゲレイロは練習場へ向かうため、ドルトムント郊外を車で走行していたところで女性が運転する車と接触事故を起こしていた。同選手は自分の車から一度降りて車の破損状況を確認したものの、すぐに車に乗り込んで現場から走り去ってしまった。一連の行動が当て逃げに相当するとして女性が訴えたことで、裁判に発展していた。

 裁判の中でゲレイロの弁護人は、「事故当時はパニックになっていて正確な判断ができる状態になかった」として情状酌量を求めた。しかし判決では、ゲレイロに対して9万ユーロ(約1170万円)の罰金が科されることとなった。

 ゲレイロは今年6月に行われたFIFA コンフェデレーションズカップ ロシア 2017にポルトガル代表の一員として参加したが、ロシア代表戦で左足首を負傷。現在は復帰に向けて治療に専念している。

(記事/Footmedia)

関連記事(外部サイト)